ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・自然 > リサイクル・ごみ減量 > 【経過報告】「市役所(本庁)の生ごみ実質ゼロ」大作戦  ~生ごみを堆肥に 市役所本庁舎での食品ロス削減の取り組み~

本文

【経過報告】「市役所(本庁)の生ごみ実質ゼロ」大作戦  ~生ごみを堆肥に 市役所本庁舎での食品ロス削減の取り組み~

記事ID:0029640 更新日:2021年9月10日更新 印刷ページ表示

 こんにちは、環境課です。

 食品ロスや生ごみを減らす一環として、4月1日から、市役所本庁舎で職員の弁当などの食べ残しを堆肥にする「生ごみ実質ゼロ」作戦を始めてから、5か月が経ちました。

 この5か月で84kg(4月:17kg、5月:14kg、6月:20kg、7月:18kg、8月:15kg)の生ごみが集まりました。この量は、茶碗646杯分のご飯の量(茶碗1杯:約130グラム)に相当します。回収した残飯等は、市役所敷地内の段ボールコンポストに毎日投入し、微生物の力で堆肥化しています。

 

 8月27日、四條畷学園高等学校中高一貫コースの生徒お二人が市役所の段ボールコンポストの見学に来られました。お二人は、授業の一環で環境問題について学んでおり、ホームページで当市での段ボールコンポストを活用した取組みを見つけ興味を持たれたとのことでした。お二人からは、段ボールコンポストの上手な管理方法をはじめ、できた生ごみ堆肥の使い方等、多くの質問をいただき、市内すべての家庭に段ボールコンポストが普及するよう、たくさんの方に知ってほしいですねとのお声をいただきました。

四條畷学園生徒さんたち

 

 段ボールコンポストについては、今年度より新たに出前講座も始めていますので、ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 今後もこの取り組みを継続し、活動状況についても定期的にご報告させていただきます。

 

【問い合わせ】

環境課 環境衛生グループ

電話:072-870-9265