ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉・子ども部 > 福祉政策課 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給について

本文

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給について

記事ID:0032934 更新日:2022年1月6日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方々が速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円を給付するものです。

対象者

■ 市民税非課税世帯

 基準日(令和3年12月10日)において、世帯全員の住民税均等割(令和3年度分)が非課税である世帯

 ※住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯は除く。

■ 家計急変世帯

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年度分住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの年収見込額が市民税均等割非課税世帯相当である世帯

 

給付額

1世帯当たり10万円

 

給付時期・手続き方法等

 給付スケジュールや手続き方法などの詳細については、決定次第、当ホームページにてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

 

お問い合わせ先(制度に関すること)

 内閣府住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター

 電話番号 0120-526-145

 受付時間 午前9時00分から午後8時00分まで 

 

 

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?