ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉・子ども部 > 障害福祉課 > “共に生きるということ”を考えるつどい 映画『星に語りて~Starry Sky~』上映会とミニ講演

本文

“共に生きるということ”を考えるつどい 映画『星に語りて~Starry Sky~』上映会とミニ講演

記事ID:0031140 更新日:2021年11月1日更新 印刷ページ表示

『12月3日~9日は障害者週間です』

 東日本大災害で被災した障害者とその家族、支援者などの活動を描く映画の上映と、災害時における障害児者の安否確認についての講演を開催します。障害のある人もない人も、災害時にどのような困難があるのか、必要な支援とは何かを共に考えてみませんか?

※手話通訳・要約筆記あり

映画

「星に語りて~Starry Sky~」字幕・音声ガイド付き

映画

ミニ講演

「災害時における障害児・者の安否確認について」

講師:大東市障害者生活支援センター(大東市障害者総合支援協議会 事務局) 松井 昭憲 氏

 大東市障害者総合支援協議会では障害者にかかる地域の課題解決に取り組んでいます。

 その取り組みの一つである「災害時安否確認検討ワーキング」において検討を進めている災害時の安否確認体制等のお話をしていただきます。

日時

令和3年12月3日(金曜日) 午後1時~4時(開場は午後0時30分)

会場

大東市立市民会館キラリエホール2

(大東市曙町4番6号)

定員・料金

100名 入場無料

※入場整理券(11月5日(金曜日)から配布)が必要

(入場整理券が無くなり次第、配布は終了となります。)

入場整理券配布場所

障害福祉課、市民会館、アクロス、まなび北新、来ぶらり南郷、市民体育館、北条人権文化センター、野崎人権文化センター、諸福老人福祉センター

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)