ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健医療部 > 保険年金課 > 勤めていた会社を退職したのですが、国民年金加入の手続きが必要ですか?

本文

勤めていた会社を退職したのですが、国民年金加入の手続きが必要ですか?

記事ID:0001379 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

Q 勤めていた会社を退職したのですが、国民年金加入の手続きが必要ですか?

A 20歳から60歳までの人は、国民年金に加入することになります。

会社を退職された人は種別変更届(第2号被保険者から第1号被保険者)を市役所に提出しなければなりません。
また、結婚していて被扶養配偶者が第3号被保険者となっていた場合は、その配偶者の種別変更届(第3号被保険者から第1号被保険者)も必要です。

  1. 第1号被保険者 … 自営業者、農林漁業者、学生、無職の人など
  2. 第2号被保険者 … 会社員(厚生年金保険加入者)や公務員(共済組合加入者)
  3. 第3号被保険者 … 第2号被保険者に扶養されている配偶者