ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道局 > 上下水道局総務課 > 令和2年度上半期業務状況(水道事業)

本文

令和2年度上半期業務状況(水道事業)

記事ID:0017241 更新日:2021年1月29日更新 印刷ページ表示

(令和2年4月1日~令和2年9月30日)

概要

 令和2年度の上半期は、新型コロナウイルス感染症に係る支援として水道料金の基本料金を無料化したことにより水道料金収入が減少し、1億3,205万円の純損失となりました。

配水量及び給水量について

 配水量は前年度と比べて0.1%(4,132立方メートル)減の6,626,280立方メートル、給水量は前年度と比べて0.1%(3,483立方メートル)減の6,423,587立方メートルとなりました。

業務表
給水人口 119,929人
給水戸数 57,375戸
普及率 99.9%
配水量 6,626,280立方メートル

経常収支について

 収入面では、前年度と比べて営業収益が水道料金の基本料金の無料化等により22.7%(2億4,639万円)、営業外収益が加入金の減少により29.3%(2,686万円)減少したことにより、収益全体では23.2%(2億7,325万円)減の9億343万円となりました。
 
 支出面では、前年度と比べて営業費用が大阪広域水道企業団による水道用水供給料金の軽減等により4.1%(4,310万円)、営業外費用が支払利息の減少等により9.7%(240万円)減少し、費用全体では4.3%(4,550万円)減の10億2,309万円となりました。
 その結果、令和2年度の上半期は1億1,966万円の純損失となりました。


貸借対照表 [PDFファイル/75KB]

(令和2年9月30日)

 

損益計算書 [PDFファイル/91KB]

(令和2年4月1日~令和2年9月30日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)