ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業・文化部 > 生涯学習課 > 大東市市制施行65周年記念シンポジウム

本文

大東市市制施行65周年記念シンポジウム

記事ID:0029381 更新日:2021年9月1日更新 印刷ページ表示

未来につなぐ新田開発の遺産2021~水がつむいだ大東の歴史~」

今年、市制施行65周年を迎える大東市では、水と戦い、水を治め、水と親しんできた経験の蓄積の上に、まちづくりを展開しようとしています。

今回のシンポジウムでは、古代から現代にいたるまで、水と深く関わってきた大東の歴史を振り返り、歴史遺産を生かしたまちづくりについて考えます。

シンポジウムポスター

チラシ [PDFファイル/1.66MB]

日時

令和3年10月10日(日曜日)午後1時から午後4時30分(受付は午後0時30分から)

会場

大東市立市民会館2階(キラリエホール

参加費

無料

プログラム

講演1「河内湖と堂山古墳群」

講師:笠井敏光(大阪国際大学教授)

講演2「戦国時代の飯盛城と深野池」

講師:天野忠幸(天理大学准教授)

報告1「絵図からみた深野池新田開発」

講師:佐々木拓哉(大東市産業・文化部生涯学習課)

報告2「時を経て 浸水から親水のまちへ」

講師:林田惠子(平野屋新田会所市民サポーター会議)

パネルディスカッション

コーディネーター:網伸也(近畿大学教授)

定員

先着100人(随時申込み中)

申込方法

「住所」、「氏名(フリガナ)」、「電話番号」を明記の上、FAX(072-870-9687)メール(gakusyu@city.daito.lg.jpにてお申込みください。

FAXの場合は電話にて、メールの場合は送信元にお返事いたします。

※電話での申込みは受付けておりません。

 

新型コロナウイルス感染防止のための取り組み(お願い)

本講演会の開催にあたっては、講演会に関する業種別ガイドラインに沿った取り組みを行います。ご来場の皆様におかれましても、ご理解とご協力をお願いします。

  • 風邪等の発熱(平熱より1℃以上高いとき)や、軽度であっても咳や咽頭痛などの症状がみられるとき、体調がすぐれないときは、ご参加をご遠慮ください。
  • ご来場の際は、手洗い手指の消毒にご協力ください。また、入場時に検温を行っています。
  • 参加者名簿を作成します。この名簿は、新型コロナウイルス感染症の感染発生が疑われる場合に、保健所等との連携に使用するものとし、この目的以外には使用しません。
  • 新型コロナウイルス感染の拡大状況によって、講演会の中止や開催方法を変更する場合があります。

 

関連サイト

平野屋新田会所跡

平野屋新田300年記念企画展

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)