ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業・文化部 > 生涯学習課 > 平野屋新田300年記念企画展

本文

平野屋新田300年記念企画展

記事ID:0029390 更新日:2021年9月1日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染拡大状況によっては中止・変更になる場合があります。ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

新田の歴史と遺産~大東の原点を探る~」

江戸時代中期(18世紀前半)、深野池の新田開発によって323ヘクタール(甲子園球場約84個分)におよぶ新たな土地が生まれました。開発後、新田と周辺の村々では、水路、堤、樋、橋などのインフラが整備され、今日の大東市域の発展の基礎となりました。

本年は、享保6年(1721)に大阪の両替商・平野屋又右衛門が、深野商新田と河内屋商新田を所有してから300年の節目に当たることから、「平野屋新田300年」を記念し、新田の歴史と遺産を紹介する企画展を開催します。

展示会ポスター

チラシ [PDFファイル/1.53MB]

日時

令和3年9月11日(土曜日)から10月17日(日曜日)午前9時30分から午後7時30分

※第1・3火曜日は休館

場所

歴史民俗資料館

参加費

無料

 

(関連事業)見学会「平野屋新田300年、新田開発の遺産を訪ねる」

歴史民俗資料館の企画展と、平野屋新田会所跡など新田開発の遺産を巡ります。

日時

第1回:令和3年9月12日(日曜日)午前9時30分から正午雨天中止

第2回:令和3年10月2日(土曜日)午前9時30分から正午雨天中止

ルート経路

JR「野崎駅」東口(集合)-歴史民俗資料館-平野屋新田会所跡(現地解散)

参加費

無料

定員

各先着20人

申込方法・問い合わせ先

歴史民俗資料館に来館(大東市野崎3丁目6-1)もしくは電話(072-876-7011)にて

 

関連サイト

歴史民俗資料館(歴史とスポーツふれあいセンター)

平野屋新田会所跡

大東市市制施行65周年記念シンポジウム

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)