ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業・文化部 > 都市魅力観光課 > 「よみがえる飯盛城3DCG再現プロジェクト業務」に係る公募型プロポーザルの結果について

本文

「よみがえる飯盛城3DCG再現プロジェクト業務」に係る公募型プロポーザルの結果について

記事ID:0025773 更新日:2021年6月21日更新 印刷ページ表示

審査結果

 「よみがえる飯盛城3DCG再現プロジェクト業務」に係る公募型プロポーザルを実施した結果、下記のとおり契約候補者を選定しました

応募事業者数

 提案書提出:2社

契約候補者

 株式会社ジーン

【プロジェクトの趣旨】

 織田信長に先駆けた「天下人」である三好長慶が最後の居城に据えた飯盛城は、これまでの詳細な調査を経て、広大な城域に曲輪群や多数の石垣がほぼ全域に分布することが判明するなど、良好な城郭遺構が残存する貴重な構築技術を示す山城事例として、年内にも国史跡への指定が決定する見込みです。れらの成果を踏まえ、在りし日の壮大な城郭をより多くの人々に容易かつ具体的にイメージしてもらえるよう、飯盛城を3DCGにより再現し、城内の特徴的な各スポットにも多言語解説を加え、オンラインにより海外にも配信することにより、城跡の持つ魅力をより多くの人々に感じてもらい、かつ城内散策をするうえでの参考になるよう制作するものです。

 また、最新の拡張現実(AR)の技術を搭載したスマートフォンアプリを開発し、現地でその場に立った目線の風景と、AR技術で再現された当時の城郭を比較しながら、山城遺構の見どころを分かりやすく、楽しみながら散策することができる機能や、現地での楽しみが広がる特典コンテンツを、提案によりユニークな発想をもって充実させることで、現地でしか味わえないリアルとバーチャルな空間を交錯させた楽しみの広がるデジタルコンテンツを制作するものです。

 本プロジェクトを通じて、飯盛城及び三好長慶に係る理解や認知度の向上及び全国的なPR活動を推進し全国に向けて発信する。これにより、大東市(以下「本市」という。)への誘客の呼び水とするとともに、地域観光の活性化に役立てるものとします。

【プロジェクトの実施方法】

 緻密なCG制作技術・城郭の時代考証・専用アプリの開発・アプリ内での誘客に役立てる仕掛け作り等、多岐にわたるそれぞれ専門の業務遂行能力が必要であることから、民間事業者が持つ城郭CG化の経験や専門性をベースに創造性を遺憾なく発揮するため、業務委託により実施する。

【業務委託の内容】

  別紙「よみがえる飯盛城3DCG再現プロジェクト業務 」仕様書のとおり

【募集要項の配布】

  令和3年5月26日(水)~6月4日(金)

【提案書等の受付】

  令和3年6月10日(木)17時まで

募集提案に係るご質問について

募集要項に基づき、電子メール(miryoku@city.daito.lg.jp宛て)による

質問の受付を行う。

【受付期間】

令和3年6月4日(金)17時まで

【提出方法】

任意様式。質問は簡潔に箇条書きにて行い、電子メールで提出する。

※送信後は、必ず電話による着信確認を行うこと。

※電話及び直接来庁による質問には応じないこととする。

【質問に対する回答】

質問に対する回答は、随時メールにて行う。

また、質問及び回答について取りまとめたものを

ホームページ上に掲載する。

公募型プロポーザルに係る質問に対する回答

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)