○大東市基金条例施行規則

平成29年9月26日

規則第30号

(目的)

第1条 この規則は、大東市基金条例(平成29年条例第20号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(定額の資金を運用するための基金の額)

第2条 条例第2条第3項の基金の額は、大東市物品調達基金に属するものにあっては150万円、大東市生活福祉資金貸付基金に属するものにあっては2,000万円、大東市奨学貸付基金に属するものにあっては3,500万円、大東市土地開発基金に属するものにあっては6億円とする。

2 条例第3条及び第4条の規定により積立て又は処分が行われたときは、大東市土地開発基金の額は、それぞれ積立額相当額増加し、又は処分額相当額減少するものとする。

(目的外の取崩し)

第3条 市長は、基金に属する現金を預貯金等(預金保険法(昭和46年法律第34号)第2条第2項に規定する預金等及び農水産業協同組合貯金保険法(昭和48年法律第53号)第2条第2項に規定する貯金等をいう。以下同じ。)として金融機関に預入れし、又は信託している場合において、当該金融機関に係る保険事故(預金保険法第49条第2項各号に掲げる保険事故及び農水産業協同組合貯金保険法第49条第2項各号に掲げる保険事故をいう。)が発生したときは、当該金融機関に対する債務(借入金に係る債務及び保証契約に基づく債務をいう。)と当該預貯金等に係る債権を相殺するため、基金を取り崩すことができる。

(ふるさと振興基金の寄附者が指定した事業)

第4条 条例第2条に規定する大東市ふるさと振興基金の寄附者が指定した事業は、次のとおりとする。

(1) 子育て支援及び教育の充実に関する事業

(2) 健康及び福祉の推進に関する事業

(3) 安全・安心で魅力的なまちづくりの推進に関する事業

(4) 産業並びに文化及びスポーツの振興に関する事業

(5) 生活環境の保全及び動物愛護の推進に関する事業

(6) 地域再生法(平成17年法律第24号)第5条第4項第2号に規定するまち・ひと・しごと創生寄附活用事業として行う事業

(7) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める事業

(補則)

第5条 この規則に定めるもののほか、条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成30年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成30年規則第35号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和元年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和2年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和3年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和5年規則第1号)

この規則は、令和5年4月1日から施行する。

(令和6年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

大東市基金条例施行規則

平成29年9月26日 規則第30号

(令和6年2月1日施行)

体系情報
第7編 務/第3章
沿革情報
平成29年9月26日 規則第30号
平成30年3月1日 規則第3号
平成30年6月1日 規則第35号
令和元年6月28日 規則第7号
令和2年5月18日 規則第23号
令和3年2月8日 規則第1号
令和5年2月9日 規則第1号
令和6年2月1日 規則第1号
令和6年3月21日 規則第9号