ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民政策課 > 海外から届いた身に覚えのない荷物

本文

海外から届いた身に覚えのない荷物

記事ID:0016947 更新日:2021年1月28日更新 印刷ページ表示

相談概要 

私の名前と住所が書いてある荷物が郵便受けに入っていた。請求書の同封はなく海外の事業者からのようだ。家族も知らないと言うし、ネット通販は利用しているが、海外から届く荷物はない。

アドバイス

突然、海外から荷物が届いても慌てずに、家族が注文した商品や贈り物などではないかを確認しましょう。

 国内のネット通販やカタログで注文した商品でも、海外から配送されて届く場合があります。
 未開封の荷物は、受け取り拒否ができることがあるので、覚えがなければ、配送業者に相談をしてください。安易に海外の発送元に返送すると、模倣品など中身によっては、関税法上の問題になる場合があります。

 開封してしまっても、注文していない商品でネガティブオプション(送り付け商法)に該当すれば、原則2週間保管したあとは商品を自由に処分することができます。判断が難しい場合もあるので、不安に思ったら早めに消費生活センターに相談をしてください。