ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民政策課 > 高齢者の被害も増加!!「簡単に儲かる」情報商材にご注意

本文

高齢者の被害も増加!!「簡単に儲かる」情報商材にご注意

記事ID:0002294 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

相談概要

 スマートフォンに出た「簡単に儲かる」という広告を見て、詳しい話を聞こうと思い登録をした。電話で説明を受けたが難しそうなのですぐにキャンセルを申し入れたが、クレジットカードの引き落としが続いている。

アドバイス

 副業や投資などで高額収入を得るためのノウハウと称してインターネットなどで販売されている情報のことを「情報商材」と言います。

 高齢者のスマートフォン所持率が増え、広告に気軽にアクセスすることから、被害も増加しています。

 自身でクレジットカード番号を知らせて契約している場合、一方的に解約することはできません。クレジットカード情報を入力する際には慎重な判断が必要です。

 簡単に高額収入を得られることはないので、広告の言葉をそのまま信じて、安易に事業者に連絡を取らないようにしましょう。

 不安に思ったときは、消費生活センターにご相談ください。