ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 財産管理課 > 新型コロナウイルス感染者発生時にはコールセンタの運用方法が変わります

本文

新型コロナウイルス感染者発生時にはコールセンタの運用方法が変わります

記事ID:0002541 更新日:2021年2月1日更新 印刷ページ表示

現在、全国で新型コロナウイルスの感染が蔓延している状況です。

コールセンタ内やコールセンタが入居している建屋で感染者が発生した場合や、自治体から自粛要請がある場合は、コールセンタを一時的に閉鎖する可能性があります。

コールセンタを閉鎖する場合は、大阪地域市町村共同利用電子入札システムのホームページや大東市ホームページ内にてお知らせします。

コールセンタが閉鎖期間中はお問い合わせを受けることができない状態になり、ご迷惑をおかけすることになりますがご了承ください。

なお、コールセンタが閉鎖した場合でも、システムは利用できます。

システム利用のためのパソコン設定や操作方法については、大阪地域市町村共同利用電子入札システムのホームページをご覧ください。

電子入札システムの設定や操作方法のページへ<外部リンク>

 

コールセンタの運用については、大阪地域市町村共同利用電子入札システムのこちらのページをご覧ください。

電子入札システムのコールセンタの運用のページへ<外部リンク>

資料

新型コロナウィルス感染者発生時の電子入札システムコールセンタの運用について(令和2年4月) [PDFファイル/56.8KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)