ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民政策課 > 大東市で警察官をかたる詐欺のアポ電が多発しています

本文

大東市で警察官をかたる詐欺のアポ電が多発しています

記事ID:0016936 更新日:2021年1月28日更新 印刷ページ表示

 大東市において、警察官をかたり「詐欺グループの犯人を捕まえました」「あなたのキャッシュカードが詐欺に使われているので止めないといけない」「犯人から押収したものの中にあなたのキャッシュカードや医療保険証がありますので、返却します」などと言うアポ電が多発しています。犯人は金融庁や銀行関係者、警察官をかたって訪問し、

1 「キャッシュカードを作り替えます」と言い、被害者からだまし取る。

2 被害者にキャッシュカードを封筒に入れさせた上で割印を求め、被害者が印鑑を取りに行く間にポイントカード入りの封筒とすり替えて盗む。

などの方法で被害者のキャッシュカードを手に入れます。

警察、金融庁、銀行がキャッシュカードを預かることはありません。不審な電話がかかってくれば、信頼できる知人や家族に相談、警察に相談するようにしましょう。