ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民課 > マイナンバーカードの暗証番号について

本文

マイナンバーカードの暗証番号について

記事ID:0032098 更新日:2021年12月7日更新 印刷ページ表示

 マイナンバーカードを交付される際に設定した暗証番号を変更したい場合、暗証番号がわからなくなってしまった場合、暗証番号がロックされてしまった場合、いずれも市民課窓口でお手続きができます。

変更、再設定ができる暗証番号

数字4桁の暗証番号

 証明書コンビニ交付サービスを利用する際や、マイナポータルにログインする際に使用する暗証番号です。

  • 利用者証明用電子証明書暗証番号
  • 住民基本台帳用暗証番号
  • 券面事項入力補助用暗証番号

 上のリストにある3種類の暗証番号を一括で設定しますが、各暗証番号を個別に設定することも可能です。

英数字6桁以上16桁以下の暗証番号

 e-Taxを用いたインターネットでの確定申告などを利用する際に必要な「署名用電子証明書」の暗証番号です。
 AからZまでの英字、0から9までの数字をそれぞれ1字以上使用します。

暗証番号の変更

 暗証番号の変更を希望される場合、変更前の暗証番号の入力が必要となります。変更前の暗証番号が正しく入力できなかった場合は、手続きができませんのであらかじめご了承ください。
 
なお、正しく入力できなかった場合は暗証番号の再設定の手続きとなりますので、下記の「暗証番号の再設定」をご確認ください。

必要書類

 実際に手続きをされる方によって必要な書類が異なります。なお、書類は有効中のものの原本に限ります。(コピー不可)

本人が手続き

 1. 本人のマイナンバーカード

法定代理人が手続き

  1. 暗証番号を変更したい方のマイナンバーカード
  2. 戸籍謄本等の法定代理人の資格を証明する書類(本籍が大東市または、法定代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合は不要)
  3. 法定代理人の本人確認書類(顔写真あり1点:マイナンバーカード、運転免許証等または、顔写真なし2点:健康保険証、年金手帳等)

任意代理人が手続き

  1. 暗証番号を変更したい方のマイナンバーカード
  2. 任意代理人の本人確認書類(顔写真あり1点:マイナンバーカード、運転免許証等)

 任意代理人の方が手続きをする場合は、手続きが1度で完了いたしませんのでご了承ください。
 任意代理人による申請の場合、まず市役所からご本人さま宛に照会書を郵送します。その照会書に申請者ご本人さまが記入したうえで、照会書と必要書類を任意代理人の方がお持ちいただければ手続きができます。
 なお、申請者にお送りする照会書には、変更前の暗証番号を記入する欄がございます。この欄に記載された暗証番号が誤っていた場合、手続きができません。
 また、顔写真のついた本人確認書類をお持ちでない方は任意代理人となることができませんのでご了承ください。

暗証番号の再設定(初期化)

 暗証番号がわからなくなってしまった場合は、暗証番号の再設定をすることができます。
 また、利用者証明用電子証明書等の暗証番号(数字4桁)を連続して3回、署名用電子証明書の暗証番号(英数字6桁以上16桁以下)を連続して5回間違え、暗証番号がロックされてしまった場合も暗証番号の再設定(初期化)の手続きが必要です。

必要書類

実際に手続きをされる方によって必要な書類が異なります。なお、書類は有効中のものの原本に限ります。(コピー不可)

本人が手続き

  1. 本人のマイナンバーカード
  2. 本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類1点(運転免許証、健康保険証等)

法定代理人が手続き

  1. 暗証番号を再設定したい方のマイナンバーカード
  2. 本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類1点(運転免許証、健康保険証等)
  3. 戸籍謄本等の法定代理人の資格を証明する書類(本籍が大東市または、法定代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合は不要)
  4. 法定代理人の本人確認書類(顔写真あり1点:マイナンバーカード、運転免許証等または、顔写真なし2点:健康保険証、年金手帳等)

任意代理人が手続き

  1. 暗証番号を再設定したい方のマイナンバーカード
  2. 本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類1点(運転免許証、健康保険証等)
  3. 任意代理人の本人確認書類(顔写真あり1点:マイナンバーカード、運転免許証等)

 任意代理人の方が手続きをする場合は、手続きが1度で完了いたしませんのでご了承ください。
 任意代理人による申請の場合、まず市役所からご本人さま宛に照会書を郵送します。その照会書に申請者ご本人さまが必要事項を記入したうえで、照会書と必要書類を任意代理人の方がお持ちいただければ手続きができます。
 また、顔写真のついた本人確認書類をお持ちでない方は任意代理人となることができませんのでご了承ください。