ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権室 > 大東市インターネット上の誹謗中傷等の防止及び被害者支援に関する条例が施行されました

本文

大東市インターネット上の誹謗中傷等の防止及び被害者支援に関する条例が施行されました

記事ID:0026583 更新日:2021年6月21日更新 印刷ページ表示
STOP!ネットの誹謗中傷 画像
【条例制定の背景】
 インターネットは、誰もがあらゆる場所で世界とつながり、コミュニケーションや情報収集が身近で簡単になり、私たちの暮らしはとても便利になりました。
 一方で、インターネットには、匿名性や情報発信の容易さから、SNSを使ったインターネット上における誹謗中傷やプライバシーの侵害、いじめの温床となるなど、人権に関わるさまざまな問題が発生し、深刻な社会問題となっています。
 このような現状を受け、市民一人ひとりが、インターネット上の誹謗中傷等の被害者にも行為者(被害者を発生させたもの)にもならずに、誰もがインターネットの恩恵を享受できる、安全で安心な社会の実現を目指し、「大東市インターネット上の誹謗中傷等の防止及び被害者支援に関する条例」を議員提案条例として制定され、令和3年4月から施行しています。
【相談窓口】
インターネット上で攻撃的な言葉をぶつけられ、傷つけられたなどの場合は、1人で悩まず・抱え込まず、下記相談機関に相談してみましょう
相談施設

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)