ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉・子ども部 > 福祉政策課 > 住居確保給付金について

本文

住居確保給付金について

記事ID:0001037 更新日:2021年2月26日更新 印刷ページ表示

お知らせ:住居確保給付金の再支給及び再々延長について

住居確保給付金の再支給について(令和3年2月1日からの改正)

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置として、令和3(西暦2021)年2月1日から3か月間に限り、再支給が可能になりました。

 申請期限は令和3(西暦2021)年3月31日までになります。

住居確保給付金の再々延長について(令和3年1月1日からの改正)

 令和3(西暦2021)年1月以降、最長で12か月まで延長することが可能になりました。

 令和2(西暦2020)年度中に新規申請して受給を開始した方に限ります。

 再々延長にあたっては、申請が必要になります。(受給が9か月目になる方が対象)

1.制度の概要

住居確保給付金は、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。(大東市から家主の方に直接支払います。)

2.支給対象者

これまでは、「離職・廃業から2年以内の方」が対象でしたが、令和2年4月20日以降は、これに加えて「個人の責や都合によらない休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方」も対象とされました。

3.支給要件

支給申請時に以下のすべての要件に該当する方が対象となります。

(1)離職等またはやむを得ない休業等により経済的に困窮し、住居を喪失 または住居を喪失するおそれのあること。

(2)申請日において、離職等の日から2年以内の方または、申請時に、休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方。

(3)離職等の日に、その属する世帯の主たる生計維持者であったことまたは、申請日の属する月に、その属する世帯の主たる生計維持者であること。

(4)申請日の属する月の申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が収入基準額以下であること。

※参考(大東市の場合)

世帯人数

基準額

 

収入基準額

1人

84,000円

 + 家賃額

(住宅扶助に基づく額が上限)

123,000円

2人

130,000円

177,000円

3人

172,000円

223,000円

4人

214,000円

265,000円

5人

255,000円

306,000円

(5)申請日において、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が単身世帯、複数世帯とも基準額×6(ただし100万円を超えないこと)以下であること。(金融資産とは、現金及び預貯金の合計額です。債券、株式、投資信託、生命保険、個人年金等は含みません。負債がある場合でも、相殺はしません。)

世帯人数

金融資産

1人

50.4万円以内

2人

78万円以内

3人以上

100万円以内

*再々延長(10~12か月目)申請時における資産要件については、再々延長申請を行う日が属する月の世帯全員の金融資産の合計額が、基準額×3(50万円を超える場合は50万円)以下であること。

 

世帯人数

金融資産

1人

25.2万円以内

2人

39万円以内

3人以上

50万円以内

(6)就労能力及び常用就職の意欲があり、公共職業安定所に求職の申し込みをし、熱心かつ誠実に常用就職を目指した求職活動を行うこと。

 *新型コロナウイルスによる影響が大きい期間中においては、緩和措置を設けています。

(7)国の雇用施策による給付金(職業訓練受講給付金)及び地方自治体が実施する類似の給付金等(生活保護等)を申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。

(8)申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

4.支給額・支払方法

住居確保給付金は次の表の基準額を上限に支給します。

(持家の住宅ローンや共益費(管理費)、滞納家賃、借地代、駐車場代、光熱水費は対象外)

 

単身世帯

2人世帯

3人~5人世帯

支給家賃額(上限額)

39,000円

47,000円

51,000円

支給額の算定方法

・申請日の属する月における世帯収入額が基準額以下の場合

 支給額(上の表の支給家賃額が上限)= 実際の家賃額

・申請日の属する月における世帯収入額が基準額を超える場合

 支給額(上の表の支給家賃額が上限)=(実際の家賃額+基準額)- 世帯収入額

支給方法

住宅の貸主または貸主から委託を受けた事業者の口座へ振り込みします。

支給期間

原則3ヶ月間(一定の条件により3ヶ月間の延長および再延長が可能)

*令和3年1月1日以降は最長で12か月まで延長することが可能になります。

令和2年度中に新規申請して受給を開始した方に限ります。

5.求職活動等の要件

受給期間中は(1)から(4)のとおり、公共職業安定所の利用、くらしサポート大東の相談支援員等の面談等の支援、その他様々な方法により常用就職に向けた求職活動を行ってください。

(1)毎月4回以上、くらしサポート大東の相談支援員等による面接等の支援を受けること。

(2)毎月2回以上、「職業相談確認票」を持ってくるのうえ、公共職業安定所の職業相談等を受けること。

(3)毎週1回以上、求人先への応募を行うか、求人先の面接を受けること。

(4)申請時(延長、再延長の手続きを含む)、ハローワークへの求職申し込みを行うこと。

 「離職・廃業から2年以内の方」は(1)から(4)が必要です。

 「個人の責や都合によらない休業等により収入が減収し、離職等と同程度の状況にある方」は(1)が必要です。

*新型コロナウイルス感染症による影響が大きい期間中は、緩和措置を設けています。

緩和措置として、(1)においては毎月1回以上、くらしサポート大東の相談支援員等と面談等の支援を受けることになります。

また、受給期間が再々延長中(10~12ゕ月目)の方は、申請の理由(離職や廃業またはやむを得ない休業等による収入の減少)を問わず、すべての受給者が求職活動要件(1)から(4)((1)は月1回以上)のすべての活動を行い、常用就職をめざす就職活動が必要です。

6.申請に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証等)

  • 離職関係書類(2年以内に離職または廃業したことが確認できる書類 またはご本人の都合等によらず給与等の収入が減少したことが分かる書類)

  • 収入関係書類(給与明細書、雇用保険受給資格証明書、年金支払通知等)

  • 金融資産(預貯金等)が確認できる書類(申請世帯全員分の金融機関の通帳等の写し)

  • 賃貸借契約書の写し

  • その他 市が必要と判断するもの

7.住居確保給付金のご案内

お知らせリーフレット [PDFファイル/325KB]

令和2年4月20日以降、制度の改正を受けまして窓口や電話が混雑しています。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、窓口の「三密」状態を避ける必要があることから、面接予約制としていますので、まずは事前に、くらしサポート大東までお問合わせください。

事前に連絡なしでお越しいただいた場合は、待ち時間が長くなる可能性があります。皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)