ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健医療部 > 地域保健課 > 胃がん内視鏡検査

本文

胃がん内視鏡検査

記事ID:0001301 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

対象者

令和4年3月31日までの受診対象者(50歳以上に限る)

年齢

(R3年3月31日時点)

対象生年月日
50歳 昭和45年4月1日生~昭和46年3月31日生まれ
55歳 昭和40年4月1日生~昭和41年3月31日生まれ
60歳 昭和35年4月1日生~昭和36年3月31日生まれ
65歳 昭和30年4月1日生~昭和31年3月31日生まれ
70歳以上 受診日時点で満70歳以上で和暦で奇数年生まれ(例:昭和23年等)の人
50歳以上70歳未満 和暦で奇数年生まれ(例:昭和35年等)で、胃がん検診(X線検査)が医師の判断により受診不可と判断された人

※上記の人で、令和3年4月1日以降、市の「X線検査(バリウム検査)」をすでに受診された人は、「内視鏡検査」の受診はできません。

検診の受け方

  1. 地域保健課へ電話もしくは窓口申し込み
     受診券・問診票・医療機関一覧表をお送り(お渡し)します
     ※受診券・問診票がないと大東市の胃がん内視鏡検査になりませんのでご注意ください。
  2. 一覧表に記載されている医療機関へ受診予約
     予約の際は、必ず「大東市の胃がん内視鏡検査受診希望」と伝えてください。
  3. 医療機関受診
     受診券・問診票・健康保険証・検診費用(費用免除に該当しない人のみ)を持参してください。

胃がん検診(内視鏡検査)実施医療機関一覧 [PDFファイル/100KB]

検診費用

2000円

費用免除に該当する人は、お申し込み時に必ずお伝えください。お伝えいただいてない場合は、検診費用がかかりますのでご注意ください。

注意事項

自覚症状がある場合は、市のがん検診ではなく、保険診療で受診してください。保険診療での受診には健康保険証が必要となります。

咽頭・鼻腔などの疾患で内視鏡の挿入ができない人、呼吸不全、心疾患のある人、出血傾向のある人等は受診できません。詳しくは医療機関でご相談ください。

【内視鏡検査】を希望される方は、問診票が必要です。受診前に地域保健課までご連絡ください。

受診した翌年度は、【バリウム検査】【内視鏡検査】どちらも受診できません。

市が実施するピロリ菌抗体検査と内視鏡検査は同時に受診できません。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)