ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健医療部 > 地域保健課 > 風しんに係る追加的対策(風しんの第5期)について

本文

風しんに係る追加的対策(風しんの第5期)について

記事ID:0001333 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

 平成30年7月以降の風しんの発生状況等から、国は平成31年4月1日~令和4年3月31日までの間、「風しんの第5期」として風しんの追加的対策を行うことを決定しました。

対象者

 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

  1. 昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性には、令和2年4月初旬にクーポン券を送付しています。
  2. 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は、令和元年度にクーポン券を送付しています。

令和元年度(有効期限2020円3月)、令和2年度(有効期限2021年3月)のクーポン券をお持ちの方:

 有効期限が2022年3月31日まで延長になりましたのでそのまま使用できます。

転入・紛失等でクーポン券をお持ちでない方:

 地域保健課までお問い合わせください。発行いたします。

対象期間

2022年3月31日まで

費用

クーポン券を利用して無料

持ち物

クーポン券、本人確認ができるもの(健康保険証・運転免許証等)

制度の概要

 対象者に該当する方は、まず風しんの抗体検査を受けていただきます。その結果、感染を防ぐための十分な量の風しんの抗体がないことが判明した人は、予防接種法に基づいた麻しん風しん混合ワクチンの接種を受けることができます。

 風しんの抗体検査・予防接種ともに、全国の実施医療機関にて受けていただくことができます。抗体検査を、勤務先の健診等を利用して受けられる場合は、まずは勤務先にお問い合わせください。医療機関にて受けられる場合は、厚生労働省のホームページ「風しんの追加的対策」で検索し、「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関」で実施可能な医療機関を確認してください。なお、医療機関へは、事前に電話などでお問い合わせするようにお願い致します。

風しんの第5期実施医療機関 [PDFファイル/50KB]

※風しんの抗体検査の結果、風しん第5期の予防接種の対象とならなった方でも条件を満たせば、麻しん風しん混合(MR)ワクチンの予防接種の助成事業の対象となる場合があります。

風しん抗体価の低い人に対する予防接種費用を一部助成します

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)