ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道局 > 下水道施設課 > 下水道増補幹線による雨水の貯留を開始しました

本文

下水道増補幹線による雨水の貯留を開始しました

記事ID:0019202 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

 大阪府では 寝屋川流域における浸水対策として、河川と下水道が一体となり総合治水対策を進めてきました。

 このたび、寝屋川北部地下河川門真調節池が完成、平成27年6月30日には、下水道増補幹線と一つにつながり、雨水の貯留能力が大幅にパワーアップ!!しました。

 これにより寝屋川市、門真市、大東市にまたがる約1,100ヘクタールの区域の浸水対策がおおむね完成し、浸水被害が減少すると見込まれます。

 今後は、現在工事中である大東四條畷増補幹線など、残る対策施設の整備を進め、一層の浸水対策を図ります。

平成27年6月30日下水道増補幹線貯留開始資料 [PDFファイル/299KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)