ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道局 > 下水道施設課 > 大東市下水道事業の今後の取組み

本文

大東市下水道事業の今後の取組み

記事ID:0019310 更新日:2021年9月10日更新 印刷ページ表示

〇大東市下水道ストックマネジメント計画

 本市の下水道施設は、耐用年数の50年を迎え、急速に老朽化することが見込まれております。

 平成30年度に策定した「大東市管路施設ストックマネジメント実施方針」に基づき、本市下水道企業会計運営において、明確かつ具体的な施設管理目標及び長寿命化計画等を策定し、安定的で健全な運営を目指すものです。

 今後、本実施方針に基づき、重要度の高い施設から順次、点検・調査を行い、その結果より、修繕・改築に取り組んでまいります。

 

大東市下水道ストックマネジメント事業概要 [PDFファイル/66KB]

 

〇大東市下水道総合地震対策

 近年、新潟中越沖地震、東日本大震災、熊本地震等、全国各地で大規模地震が発生しており、下水道施設にも甚大な被害をもたらしております。下水道施設の地震による被災は、トイレの使用不可能、マンホール浮上・道路陥没による交通障害の発生等、住民の生活財産、社会経済活動に重大な支障をきたすものです。

 このような事態を回避し、ライフラインとしての信頼性を確保するためにも、下水道施設の地震対策を確実に実施する必要があります。

 このような背景のもと、本市におきましても、平成29年度より下水道総合地震対策事業を推進してまいりました。(詳細は下記、「大東市下水道総合地震対策事業概要」をクリックしてください。)

 今後も引き続き下水道施設の耐震化事業を進めてまいります。

 

大東市下水道総合地震対策事業概要 [PDFファイル/69KB]

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)