ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進部 > 秘書広報課 広報広聴グループ > 【12月15日発表】みんなの応援村「応援つなぐプロジェクト」開始

本文

【12月15日発表】みんなの応援村「応援つなぐプロジェクト」開始

記事ID:0019210 更新日:2021年2月10日更新 印刷ページ表示

松任谷由実さんの名曲「守ってあげたい」にのせた官民連携動画リレーみんなの応援村「応援つなぐプロジェクト」開始

新型コロナウイルス感染症を始めとした様々な事象で日常に変化が生じ、日々の生活に不安や困難を抱える全国各地の人々に向けて、人と人のつながり、応援という主体的な取組を起こすきっかけを作ることを目指し、「応援つなぐプロジェクト」を始動いたします。
本プロジェクトは、SNS上で「応援メッセージ」というバトンを渡しながら、各々が応援したい人や地域等への思いを語る動画を SNS に投稿し、広く「応援の輪」を形成することを目的としています。応援村応援団員・松任谷由実さんの名曲「守ってあげたい」にのせて発する応援メッセージ(本動画)は、応援村公式 SNSや出演者ご自身の SNS で、12月15日(火曜日)から順次公開いたします。
■「応援つなぐプロジェクト」概要
みんなの応援村実行委員、応援村応援団員及び本プロジェクト賛同者による応援メッセージを収めた動画を応援村公式SNS や出演者ご自身のSNSで公開します。
(1)主催:みんなの応援村実行委員会後援:J Coin Pay (みずほ銀行)
(2)動画公開日:12月15日(火曜日) から 順次公開
(3)応援村公式SNS
・Twitter:https://twitter.com/ouenmura<外部リンク>
・Facebook:https://www.facebook.com/ouenmura.corona<外部リンク>
・Instagram:https://www.instagram.com/ouenmura/?hl=ja<外部リンク>
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCx-S_QPQWclAuJD0f0RaQsw<外部リンク>


(4)動画出演者(一部):

応援つなぐプロジェクト出演者
(5)出演者コメント(一部)

<鈴木康友実行委員長>
新型コロナウイルス感染症の流行により、日本だけでなく世界中の人々が、不安や恐怖、孤独を感じています。このような時だからこそ、みんなの応援村では地域活性化・コミュニティの再生が重要だと考え、様々なプロジェクトをスタートさせています。「応援つなぐプロジェクト」は、まさに、全国各地の様々な地域で懸命に生きる人たちを応援するプロジェクトです。応援メッセージというバトンを渡しながら、ご賛同くださる皆様と共に、全国各地にこの「応援の輪」を広げて参りましょう。

<鈴木英敬実行委員長代理>
「応援つなぐプロジェクト」は、皆さん一人ひとりが持っている応援の思いを大切につないでいくプロジェクトです。誰もが皆、何かを応援したいという気持ちを持っていると思います。新型コロナウイルス感染症の影響で皆さんが大変な思いをしている今だからこそ、自分が応援したい人や応援したいことについて考え、行動していくことが大切です。誰かを応援するのは素敵なことです。皆さんで応援の輪を大きくしていきましょう。

<松任谷正隆実行委員>
「応援つなぐプロジェクト」は、地域で頑張っている人を応援する、その応援がつながっていくことで 、小さな応援が大きな応援になっていくのではないかと期待して始まったプロジェクトです。ぼんやりと応援するのではなく、具体的な「誰か」を応援すること。そして、応援された人は、 また誰かを応援する。そんな応援村になったらいいなと毎日のように思っています。これからも、色々なアイデアを出していきたいと考えています。

<小山薫堂実行委員>
この社会で誰かを応援する、つまり誰かを想う気持ちをそれぞれが持つことで、社会はもっと優しく、そして未来に向かって明るいことを生み出せるような社会になるのではないかと考えております。僕が応援したい地域は、7月の豪雨で大きな被害を受けた熊本県人吉市球磨地区です。被害の爪痕はまだそのままになっております。大変な人たちが沢山いらっしゃいます。僕なりに色んな形で、この地域に心を寄せて、応援しております。

<中井美穂実行委員>
「応援村」と最初聞いたときは、一体何をするのだろうかと思いましたが、自分が今できること、そして誰か応援したい相手がいたら誰でも応援村の団員になれると聞いて参加しました。私が特に応援したいと思っているのは、エンターテインメントに関わっている人たちです。私は、エンターテインメントにしか癒せない傷というのがあると思っています。エンターテインメントに救われるという人が必ずたくさんこの世の中にいるはず、パフォーマンスをすることで自分が救われるという人もいると思います。そういう人たちにエールを送りたいと思います。

●J--Coin Pay(みずほ銀行)との連携について

株式会社みずほ銀行が提供するスマホ決済サービス「 J Coin Pay 」のサービス「ぽちっと募金」を通じて、応援村の活動に対する支援及び参画が可能です。皆様の募金は、次の取組に使わせていただきます。
〇77億人えがおプロジェクト(令和2年8月〜)
えがおイラストを応募してくれた子どもたちに贈るプレゼントとして。
(注)令和2年12月頃、動画公開予定。公開時期については、
応援村公式 HP:https://ouen-mura.homes/<外部リンク> 、Facebook応援村グループ、メルマガ「応援村事務局通信」等でお知らせします。
・Facebook応援村グループ参加:
・メルマガ「応援村事務局通信」配信、登録:https://ouen-mura.homes/inquiry-kd<外部リンク>

〇ウィズコロナ時代の「新しい災害支援」プロジェクト(令和 2 年 9 月〜)
新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを最大限抑えつつ、自然災害等で被災した人々の心のサポート、まちの復旧・復興を支援するプロジェクトに係る活動資金 として。
学生たち(「学生応援村」代表:早稲田大学修士2年大井晃亮)が中心となり、全国規模のボランティアコミュニティを形成。平時から有事を想定し、新たな寄り添いの形として、「オンライン傾聴ボランティア育成講座」(講師:「いのちの電話」スーパーバイザー竹内小代美医師等)の構築及び人材育成プログラムの運営。また、現地へボランティア派遣を行う際は、医師による指導及びボランティアに対するPCR検査実施等、被災地の皆様が安心してボランティアの受入ができるよう配慮をした上で、泥かき等の災害ボランティア派遣を行います。
■「J Coin Pay 」とは
株式会社みずほ銀行が提供する「J Coin Pay 」は、全国 90 以上の金融機関が参画する QR コード(注1)を活用したスマホ決済サービスです。スマホひとつで、かんたんに「お金を送る」・「支払う」などができ、手数料はすべて無料です。
(注1) QR コードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

■「ぽちっと募金」とは
「ぽちっと募金」とは、J Coin Pay アプリをご利用される方が、復興支援や国際協力、医療・福祉、スポーツ振興など、あらゆる支援を行う団体に対して、スマホを使って少額から募金できるサービスです。J CoinPay アプリをインストールし、銀行口座登録設定を行っている方であればすぐに募金を行うことができます。

ぽちっと募金ロゴ

(本発表資料のお問い合わせ先)
全国応援村実行委員会事務局
Email:contact-form@ouen-mura.com
(情報発信元)
戦略企画室
都市魅力観光グループ[電話]072-870-0442[ファクス]072-870-0907