ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 都市政策室 都市政策課 > 生産緑地地区の買取申出をするとき

本文

生産緑地地区の買取申出をするとき

記事ID:0001643 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

買取申出について

次の条件に該当する場合に、買取申出を行うことができます。

  • 生産緑地地区に指定されてから30年が経過したとき
  • 農業の主たる従事者が死亡したとき
  • 農業の主たる従事者が、農業に従事でできないような故障が生じたとき

買取申出をすると

  1. 買取り申出のあった農地の諸事情を勘案し、申出があった日から1カ月以内に、市は買取りの有無を通知します。
  2. 市で買い取らない場合、他の農業従事希望者が当該生産緑地を取得できるように、農業委員会に約2か月間のあっせんを依頼します。
  3. あっせんが不調の場合には、申出の日から3ヵ月が経過すると、行為の制限が解除されます。

買取申出のフロー

提出書類

 買取申出を申請される場合は、「買取申出書」に必要事項を記入し、必要書類を添えて、下記担当課へ提出してください。

  1. 買取申出書
  2. 位置図(縮尺1:2500程度以上のもの)
  3. 地籍図(公図の写しなど)
  4. 土地登記簿謄本(全部事項証明書)
  5. 印鑑登録証明書(権利者全員分)
  6. 生産緑地に係る農業の主たる従事者についての証明書(※3)
  7. 医師の診断書(故障による場合のみ)

※1 3~7は3ヵ月以内のもの

※2 第3者に委任する場合は、委任状が必要となります

※3 産業経済室にて発行しております

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)