ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 都市政策室 交通政策課 > 大東市コミュニティバスとは

本文

大東市コミュニティバスとは

記事ID:0001671 更新日:2021年2月28日更新 印刷ページ表示

【南新田・朋来コース(Aコース)】おそめ・久松 車両

お染久松

【三箇方面コース(Bコース)】虹 車両

虹

【西部方面コース(Cコース)】菊 車両

菊

 

 大東市では、市民交通の利便性の向上を図るため、生活道路を路線バス感覚で利用出来るものとして、コミュニティバスを運行しています。
 このコミュニティバスは、小型ですが空間的にも余裕があり、見た目にも印象的なピンク色をベースにしています。
 これまでは3台とも市内にある野崎観音にちなんだ「おそめ・久松」がデザインされた車両で運行していましたが、車両の老朽化に伴い、2台の車両を新車両に更新いたしました。
 新車両は、市のマスコットキャラクター ダイトン をモチーフにした「菊」と「虹」の新たなデザインとなり、市内を運行しています。
 車内構造につきましても、車いす固定装置や着脱式の車いす用スロープ板を設置し、現バリアフリー法に適合したノンステップバスとなりました。
 尚、従来の「おそめ・久松」がデザインされているコミュニティバスについても、引き続き1台のみ運行しています。(車いすのままご利用できます)
 大東市コミュニティバスは、地域に密着した市民交通を担えるものであり、また自転車・自動車等に代わる身近な移動手段として、住民にも地域にもやさしいコミュニティバスを目指して参ります。