ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務課 > 政治倫理に関する条例について

本文

政治倫理に関する条例について

記事ID:0002577 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

政治倫理に関する条例の制定

 本市では、市長、副市長、教育長及び上下水道事業管理者並びに市議会議員が、その地位が市民の厳粛な信託によるものであることを認識し、市民全体の奉仕者として、人格と倫理の向上に努め、市政に対する市民の信頼に応えるとともに、市民の市政に対する正しい認識と自覚を喚起することにより、もって公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的とした政治倫理に関する条例を制定しています。

条例第4条第3項に基づく公表

 大東市長等の政治倫理に関する条例(令和元年条例第1号)第4条第2項及び大東市議会議員の政治倫理に関する条例(令和元年条例第2号)第4条第2項に規定する大東市(大東市が出資する法人及び団体を含みます。)が行う売買、賃借、請負等の契約についての辞退届の提出があった企業その他の法人について公表します。

辞退届の提出があった企業等[PDFファイル/31KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)