ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 移住定住促進サイト > 大東に住む > 住まいの支援 > 隣接地等の取得費を補助

本文

隣接地等の取得費を補助

記事ID:0001656 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

 大東市では、狭小な住宅地を解消し、良質な住空間を創出するため、50平方メートル以下の隣接地(民有地)を買い取る際に補助を行う「隣接地等取得費補助事業」を実施しています。

大東市隣接地等取得費補助金交付要綱(PDF:137.2KB)

補助対象者

大東市に住宅の用に供する土地を所有する個人

  1. 次に掲げるいずれかが該当する方
    • 大東市内に所在し、居住の用に供する一戸建て住宅または長屋住宅が立地する土地(以下、「現住宅地」という。)の所有者で、1年以上居住している者
    • 現住宅地の所有者の2親等以内の直系親族で、現住宅地の所有者と現住宅地に1年以上居住している者
    • 現住宅地の所有者の配偶者の2親等以内の直系親族で、現住宅地の所有者と現住宅地に1年以上居住している者
  2. 申込み時において、隣接地を有償取得し、所有権移転登記を完了していること。
  3. 本市の税等の滞納がないこと

宅建業法の免許を受けて宅建業を営む者

  1. 申込み時において、隣接地を有償取得し、所有権移転登記を完了していること。
  2. 本市の税等の滞納がないこと

補助の対象となる土地

  1. 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律における土砂災害特別警戒区域に含まれない土地であること。
  2. 現住宅地と2メートル以上接している土地で、50平方メートル以下であること。
  3. 隣接地(建物がある場合は建物も含む。)について、補助対象者、補助対象者の配偶者の2親等以内の直系親族、現住宅地の所有者の2親等以内の直系親族が所有していたものでないこと。

補助対象費用および補助額

  • 測量費用および明示費用の2分の1
  • 登記費用の2分の1
  • 不動産仲介手数料の2分の1
  • 不動産取得費用の10分の1

 (※隣接地上の建物取得にかかる費用も含む。)

補助額・・・上記の合計額で最大50万円

申請時に必要となる書類

様式集

隣接地等取得費補助金に関する申請書類様式

申請期限

隣接地等の所有権取得後、3か月を経過する日まで。

補助の対象であるかは事前にご相談ください。

さらにお得な情報

 隣接地取得費補助事業を利用される方が、住宅ローンを利用される場合、お得な金利引き下げサービスがあります。

 詳しくはこちらから

 ↓↓↓

金融機関との連携による住宅資金借入支援

関連補助

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)