ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 移住定住促進サイト > 大東に住む > 住まいの支援 > 金融機関との連携による住宅資金借入支援

本文

金融機関との連携による住宅資金借入支援

記事ID:0001653 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」の金利引き下げ

 大東市は、平成29年7月21日付で、独立行政法人住宅金融支援機構と、【フラット35】子育て支援型及び大東市三世代家族推進事業に係る相互協力に関する協定を締結しました。

 このことにより、平成29年8月1日以降、「大東市三世代家族推進事業」を利用して住宅取得をされる方が、あわせて「フラット35」を利用する場合、「フラット35」の金利が適用金利から0.25%(当初5年間)引き下げられます。

 詳しくは、住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

枚方信用金庫との連携による住宅ローン金利引き下げ

 平成29年9月1日に、大東市と枚方信用金庫の連携に関する覚書を締結しました。

 このことにより、大東市三世代家族推進事業を活用して住宅を取得する場合、大東市隣接地等取得費補助事業を活用する方が枚方信用金庫の住宅ローンを併せて活用される場合、大東市木造住宅除却補助金を活用して木造住宅を除却し、その後に住宅新築される場合、金利が引き下げられます。

 詳しくは、枚方信用金庫四条畷支店まで 電話 072-877-1551

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)