ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

妊婦健康診査・妊婦歯科健康診査

記事ID:0001294 更新日:2021年3月3日更新 印刷ページ表示

妊婦健康診査

妊娠中に(最大)14回、一部公費負担を受けることが出来ます。妊娠届出時にお渡しした受診券を大阪府下の医療機関でご利用ください。

多胎妊娠の場合、さらに5回追加で妊婦健康診査を受けることができます。

妊婦健診受診券 [PDFファイル/473KB]

注意事項

・妊婦健康診査受診券は、1回の健診につき2枚以上使用することはできません。

・公的医療保険の対象となる診察等については、受診券の対象外となります。

・健診費用・回数が下回った場合、お釣りを受け取ることや払い戻しはできません。また、上回った場合の費用・回数分は、自己負担となります。

大東市から他市町村に転出された場合

 大東市の受診券は使用できなくなります。転出先の担当課で大東市が発行した受診券との交換が必要です。

他の市町村より大東市に転入された場合

 大東市の受診券に交換が必要です。交換は地域保健課で行っていますので、他市町村が発行した受診券と親子(母子)健康手帳を必ずお持ちください。

 

大阪府外で健診を受診される方へ

里帰り等により大阪府外の医療機関(日本国内に限る)で妊婦健康診査を受診した人は、健診費用の一部を助成金として還付します。

申請場所

地域保健課窓口

申請できる期間

各健診受診日から6か月以内

申請に必要なもの

1.未使用の妊婦健康診査受診券(兼結果通知票) 
2.受診した医療機関発行の領収書(原本)と明細書
3.親子(母子)健康手帳
4.印鑑(認印、シャチハタ可)
5.振込み先金融機関の通帳(妊婦名義のもの)

※ご家族等、妊婦本人以外の申請も可能です。

※FAX・郵便等でのやり取りはできません。

※健康保険を使用しての健診は対象になりませんのでご注意ください。

※受診医療機関に確認を取らせていただく場合があり、お時間がかかる場合がありますのでご了承ください。

 

妊婦歯科健康診査

大東市内および四條畷市内の指定医療機関で1回・無料で受診できます。受診券は、妊婦健康診査受診券と一緒にお渡しします。

※受診の結果、治療・通院が必要となった場合の費用は自己負担となります。

指定医療機関一覧<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)