ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 環境課 > 「大東環境みどり会」の活動について

本文

「大東環境みどり会」の活動について

記事ID:0031511 更新日:2021年11月24日更新 印刷ページ表示

「大東環境みどり会」の紹介

 

 平成20年6月大東市と大阪産業大学で始まった「だいとうシニア環境大学(現大東シニア総合大学環境学部)」の卒業生が「大東の街をきれいに」をスローガンに環境保全、啓発を実践するグループとして「大東環境みどり会」を立ち上げました。

 現在、会員数は85名で、大東シニア総合大学環境学部の卒業生が毎年入会しています。

 同会の環境保全活動は、「納豆容器」、「新堀川」、「北条里山再生」の3つのプロジェクト活動に加え、「歴史・文化」、「水・河川」、「環境紙芝居」、「公園」、「環境美化」、「ごみ減量」、「竹の活用」の7分野でグループ活動を行っています。

 主な活動としては、「大東クリーンウォーク&環境フェア」での活動の展示、ゴーヤ苗の無料配布、又「恩智川クリーン・リバープロジェクト」では清掃活動、環境啓発物の展示、「段ボールコンポスト製作普及」、「門松づくり」の市民講座の開催など行政と連携した活動も行っています。

 大東市には多くの河川、水路、山々があります。この豊かな自然資産を次代へ継承するとともに、きれいな街づくりを目指しボランティア活動を継続したいと考えています。

 

 尚、「大東環境みどり会」の長年の環境保全・啓蒙活動が評価され、下記表彰を受けています。

(1)平成26年9月 おおさか環境賞「準大賞」受賞

(2)平成27年6月 大東市環境保全功労者表彰

(3)令和2年7月  地域環境保全功労者表彰「環境大臣賞」受賞

 

 環境大臣賞表敬訪問 環境大臣賞表彰状

 

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?