ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 危機管理室 > 危機管理室 > 被災者登録制度について

本文

被災者登録制度について

記事ID:0003147 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

被災者登録制度とは

 阪神・淡路大震災の際、多くの被災者が全国各地に避難しましたが、避難者情報の把握や、伝達ができなかった経験を踏まえ、大東市では大阪府とともに、被災県からの避難者の情報を取りまとめ、被災時に居住していた市町村役場における生活再建資金の支給、義援金の配分、公営住宅の提供などの支援や地元復旧・復興の状況などを地元自治体(被災の市町村役場)へ情報提供をします。

登録の手順など

 大東市に避難された方を本人の同意に基づき被災者登録し、その情報を府が取りまとめて地元の市町村役場へ情報提供を行い、被災元の県、市町村役場から被災者へ生活再建支援等に関する情報を提供するものです。

危機管理室で登録を受け付けています。希望される方は申し出て下さい。

登録受付

 危機管理室(電話番号 072-875-0211)

 平日 午前9時~午後5時30分