ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉・子ども部 > 障害福祉課 > 電話リレーサービスについて

本文

電話リレーサービスについて

記事ID:0029479 更新日:2021年9月27日更新 印刷ページ表示

電話リレーサービスとは

「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」が制定され、公共インフラとして『電話リレーサービス』が制度化されました。

『電話リレーサービス』とは、スマートフォンやタブレット端末等を用いて、ビデオ通話やチャット等により、聴覚や発話に困難がある人ときこえる人を手話通訳オペレーターが「手話」または「文字」と「音声」を通訳することにより、電話で即時双方向につながることができるサービスです。

令和3年7月1日から公共インフラのサービスとして開始され、24時間365日、次のような場面で活用できます。

・緊急通報
・仕事のやりとり
・病院への連絡
・家族や友人との会話 等
電話リレーサービス

利用方法

電話リレーサービスアプリでの登録または郵送での登録が必要になります。

詳しくは、下記ホームページでご確認ください。

サービスに関するお問い合わせ先

電話リレーサービス提供機関:一般財団法人日本財団電話リレーサービス
電話:03-6275-0910
Fax:03-6275-0913
メール:info@nftrs.or.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)