ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 都市整備室 みどり課 > 特定外来生物「オオキンケイギク」にご注意

本文

特定外来生物「オオキンケイギク」にご注意

記事ID:0001550 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

オオキンケイギクとは?

オオキンケイギクの画像 オオキンケイギクの画像 ​

5月~7月頃にかけて、高さは30~70cm直径5~7cmで黄色の花をつけ、公園や道端などでよく見かけるきれいな花です。
北アメリカ原産でキク科の多年生植物であり、非常に繁殖力が強い植物です。

特定外来生物とは?

特定外来生物とは、外来生物(海外から入り込んだ生物)であり、日本の生態系へ大きな被害を及ぼす恐れがある生物なので、法律により飼育、栽培、保管、野外へ放つ、蒔くなどが原則として禁止されています。
オオキンケイギクは強い繁殖力を持っているため、いったん根付くと古来から生えている植物が消滅してしまい、それに依存していた昆虫などが絶滅する恐れがあります。

自宅に生えてきたらどうすれば?

根っこから引き抜いて、2、3日放置した後ビニール袋等に密閉して燃えるゴミとして処理しましょう。きれいな花ですが、道端などで見つけても決して持ち帰らないでください。