ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 都市整備室 みどり課 > 公園などでの遊具の利用について

本文

公園などでの遊具の利用について

記事ID:0001553 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

 ほとんどの方には、ブランコやジャングルジムなどで遊んだ記憶があると思います。楽しい思い出とともに、あの時は危なかったという体験をした方もおられるのではないでしょうか。

 楽しい遊具も使い方などを誤ると重大な事故につながります。毎年、遊具での事故が後を絶ちません。

 遊具で重大な事故をおこさないよう、今一度、遊具の使い方などについて注意してください。

遊具の危険性について

 遊具の危険性には、ぐらつきやねじのゆるみなどの遊具そのものに関わるものと、遊び方などの利用者に関わるものがあります。

 大東市では、定期的に遊具の点検を行っていますが、遊具の欠陥などを見つけた場合は、連絡いただきますようご協力をお願いします。

 また遊具で遊ぶときは、動きやすい服装でお願いします。引っかかったり、絡まったり、脱げやすい服装は危険ですのでご注意ください。

具体的には

遊具で遊ぶときは次のようなことに注意してください

服装

  1. 上着の前は閉めましょう
  2. 水筒やマフラーなど引っかかりやすいものは取りましょう
  3. ランドセルを背負って遊ぶのはやめましょう
  4. ぬげにくい靴をはきましょう
  5. 携帯電話や小型ゲーム機など手に物をもって遊具で遊ぶのはやめましょう

遊具

  1. ぬれた遊具で遊ばない
  2. こわれた遊具で遊ばない

遊び方

  1. 遊具から飛び降りない
  2. 遊んでいるそばに行かない
  3. 上から物を投げない