ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業・文化部 > 生涯学習課 > 大東市青少年指導員会

本文

大東市青少年指導員会

記事ID:0002782 更新日:2021年2月1日更新 印刷ページ表示

青少年指導員は、地域の情報交換や、会員相互の連絡・調整、研修などのために「大東市青少年指導員会」を組織しています。

また、下記の大東市青少年指導員会としての全体事業のほかに、市内9ブロックにわかれ、小中学校や自治会、地域教育協議会(すこやかネット)等と連携しながら、ブロックごとに特色ある活動を行っています。

本市では、地域の青少年の健全育成および非行防止活動の推進役として、また、青少年の良き相談相手として「青少年指導員」の任を大東市長より委嘱しています。

現在、市内に約90名の青少年指導員が活動しており、それぞれの地域を中心に活躍されています。

全体事業(主な活動内容)

のざきまいり巡視啓発活動

のざきまいり実施期間中、会場周辺の巡視および啓発活動を行っています。

一斉巡視活動

夏季期間中を中心に、青少年指導員会全体で一斉巡視活動を行い、青少年の非行防止に取り組んでいます。

親と子のふれあい事業

だいとう市民まつり会場にて、木製コースターづくりなどを通して、親と子のふれあいの時間を設け、子ども達の健全育成に資する取り組みを行っています。

社会環境実態調査

青少年が健全に成長できる社会環境づくりを推進するため、成人図書類等を取り扱う店舗や、夜間立ち入り制限施設等への実態調査を実施しています。

標語

平成16年度より、広く青少年の健全育成を呼びかけるため、小中学校や地域向けの標語を作成しています。

こども110番の家

登録家庭や店舗の新規開拓、確認など「こども110番の家」運動に協力しています。