ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業・文化部 > 産業経済室 > 防災協力農地登録制度

本文

防災協力農地登録制度

記事ID:0001753 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

 災害が発生したときに、市民の安全確保および復旧活動を円滑に進めるため、避難空間、仮設住宅建設用地、復旧用資材置場等として活用できる農地を、農家のご協力により、あらかじめ登録するものです。

登録対象農地

 おおむね500平方メートル以上の一団の農地
 登録されている防災協力農地に接する農地

登録期間

 3年(初回は登録証を交付した日から2年を経過した日以後における最初の3月31日までです。期間満了時までに更新しない旨の意思表示がない場合は、3年間登録期間を自動的に更新します。)

用途

 避難空間、仮設住宅建設、復旧用資材置場など

使用期間

 2年以内。ただし、登録者の同意を得て延長することがあります。

補償等

 農地を使用したときは、農作物補償、使用料支払(8日以上使用する場合)

原状回復

 使用を終了したときは、速やかに原状回復します。

登録について

 産業振興課に登録申込書を提出してください。

 登録された農地には、標識を設置します。

防災協力農地の画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)