ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進部 > 秘書広報課 広報広聴グループ > 【8月3日発表】三好長慶ゆかりの「飯盛城」御城印が誕生

本文

【8月3日発表】三好長慶ゆかりの「飯盛城」御城印が誕生

記事ID:0001961 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

続日本100名城に選ばれた「飯盛城」を訪れた記念に
三好長慶ゆかりの「飯盛城」御城印が誕生!
令和2年8月10日(月曜日・祝日)より「歴史民俗資料館」、「キャンピィだいとう」で販売

大東市では、令和2年8月10日(月曜日・祝日)より、大東市が誇る戦国武将であり、織田信長に先駆けた天下人と呼ばれる「三好長慶」と、その居城であった西日本最大級の山城「飯盛城」の認知度向上及び観光スポットとしての付加価値を高めるため、「飯盛城」のオリジナル御城印(ごじょういん)を販売します。
これまで、大東市では「歴史的資源を活用したまちづくり事業」の一環として「三好長慶」と「飯盛城」をキーコンテンツと設定し、毎年3月に武者行列イベントを開催するなど、魅力の発信を行ってきました。この度、お城好きの間で火が付き、昨今大きなブームとなっている御朱印のお城バージョンである御城印を大東市でも作成し、飯盛山を訪れた方が登城記念として購入できるお土産として販売することとなりました。
御城印は、一般的には白色の和紙が使われていますが、大東市では、全国でも珍しいウグイス色の越前和紙を採用し、山城を想起させるカラーに仕上げつつ、緑豊かな大東市らしい特徴としました。
また、御城印には三好長慶が掲げたスローガンである「理世安民」の文言も盛り込み、「織田信長」に先駆けて天下人となった三好長慶の知られざる偉業を御城印の購入をきっかけにして、より多くの人に知っていただきたいと考えております。
さらに、本市主催の武者行列に毎年参加いただいている甲冑画家の方にご協力いただき、御城印を入れる袋を彩る凛々しい三好長慶を描いていただきました。御城印と合わせて、細かく描き込まれた三好長慶と甲冑のイラストにもご注目ください。
販売価格は1枚300円。販売場所は、続日本100名城スタンプ設置場所である「歴史民俗資料館」と「キャンピィだいとう」の2カ所です。

三好長慶公像の前で御城印と
御城印
御城印入れの袋に描かれた三好長慶公

お問い合わせ先

戦略企画室 都市魅力観光グループ
[電話]072・870・0442[ファクス]072・870・0907