ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進部 > 秘書広報課 広報広聴グループ > 【3月15日発表】「コンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定」を締結

本文

【3月15日発表】「コンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定」を締結

記事ID:0023061 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

 

大東市とHOYA株式会社アイケアカンパニー
「コンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定」を締結
~使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収活動を開始~

大東市とアイシティ
大東市とHOYA株式会社アイケアカンパニーは、3月15日(月曜日)にコンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定を締結しました。(新型コロナウイルス感染症拡大防止を鑑み、締結式は実施しておりません)
本協定は、「だいとうプラスチックごみゼロ宣言」の取り組みの一環として、使い捨てコンタクトレンズの空ケースを回収することで、さらなる“循環型社会の構築”を目指すものです。
協定の内容は、HOYA株式会社アイケアカンパニーが提供する使い捨てコンタクトレンズ空ケース回収ボックスを、市役所及び学校に設置し、一般市民・学生の皆さんに広くプラスチックごみ削減と資源再生の意識を啓発していくというものです。
本市ではこれまで、「3R」の考え方を基本として、市民・事業者・行政の三者協働のもと「ごみの3R運動」の推進や分別収集品目の拡大など、様々なごみの減量化・リサイクルの取組を進めてきました。今回、コンタクトレンズ専門店「コンタクトのアイシティ」を事業展開するHOYA株式会社アイケアカンパニーと協力することで、市で回収するプラスチックごみを削減できるだけでなく、マイクロプラスチックによる海洋生態系への影響や地球温暖化等の深刻な環境問題へ貢献してまいります。

回収ボックス リサイクルボックス

回収ボックス設置場所

大東市役所本館1階 受付前
学校法人大阪産業大学
学校法人四條畷学園(大学・短期大学)
大阪桐蔭中学校・高等学校

【アイシティecoプロジェクト

リサイクルが可能な使い捨てコンタクトレンズの空ケースを対象に、全国のアイシティ店舗に専用ボックスを設置して回収するリサイクル活動です。3つの社会貢献(1.空ケースの再資源化による環境保全、2.障がい者の自立・就労支援、3.日本アイバンク協会への寄付)へとつないでいくことを目的として、2010年より業界初のこの活動をスタートし、今年で活動期間は11年目を迎えました。現在の参加団体数は、企業722社 高等学校896校 中学校445校( 注:2021年1月時点)。

【お問い合わせ先】

市民生活部 環境課環境衛生グループ
[電話]072-870-9265