ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進部 > 秘書広報課 広報広聴グループ > 【6月17日発表】地元店の販売会をアマゾンのFCにて開催

本文

【6月17日発表】地元店の販売会をアマゾンのFCにて開催

記事ID:0026434 更新日:2021年6月17日更新 印刷ページ表示

~D-BizがAmazonと地元のパン屋・弁当屋をマッチング~
地元店の販売会をアマゾンのFCにて開催
6月22日(火曜日)、24日(木曜日)Amazon大東フルフィルメントセンター

大東ビジネス創造センターD-Biz(以下D-Biz)は、大東市内の中小企業や起業する皆さまをサポートする産業拠点で、中小企業の売り上げ向上のためのお手伝いをしています。今回、D-Bizは、新型コロナウイルス感染症で売上に影響のあった企業を支援する一環として、アマゾンジャパン合同会社大東フルフィルメントセンター(大東市緑が丘2-1-1)と、相談者の2事業者をマッチングしました。その結果、6月22日(火曜日)、6月24日(木曜日)に、地元店の販売会が従業員向けに開催されます。大東フルフィルメントセンター(以下、「大東FC」という)は、関西で唯一、大型商材や重量物を中心に扱っている物流センターです。販売会の開催の経緯は、アマゾンジャパン合同会社の全国の物流拠点が推進する「地域貢献プロジェクト」の中で、今期(令和3年)第2四半期のテーマである地元経済の活性化する企画が、D-Bizの活動とのシナジーが生まれると両者で判断したからです。

 
アマゾン大東FC のっち亭 特性ピザパン

アマゾンジャパン合同会社大東FC

のっち亭「チキン南蛮」

バードプルーム野崎「特製ピザパン」

販売会には、多数の従業員が仕事終わりや昼休みの時間に訪れる予定です。商品の価格の一部は、大東FCが負担する方針で、販売会で商品を購入することによって、従業員も会社も双方が、地元企業を支援する仕組みになっています。大東FC担当者からは、「地元のおいしいものを知ってもらいつつ、地元のお店を支援する面白い取り組み。これからも、大東FCの地域貢献は続きます」とのコメントがありました。

大東ビジネス創造センターD-Bizとは

企業の売上アップに特化した、無料の経営相談所です。中小企業者や起業する人の強みを見つけ、お金をかけずに知恵やアイディアで、中小企業の力や売上を変えるお手伝いをしています。

場所:大東市曙町4-6(大東市立市民会館2階)

仕出し弁当屋「のっち亭」販売会

6月22日(火曜日)午後4時~7時

お惣菜を約8種類、販売個数200個を予定。コロナ禍となり、新メニュー開発に力を入れていました。この販売会で、お惣菜販売に挑戦します。板前出身の先代が創業し25年、給食弁当、仕出し弁当一筋の味にこだわる弁当屋。

「バードプルーム野崎」販売会

6月24日(木曜日)午前11時~午後2時

パンを約20種類、販売個数は300個を予定。創業40年。無添加にこだわり、身体に優しいパンを提供しています。
この販売会では、店頭にはない新たなパンを販売します。

【お問い合わせ先】

産業・文化部 産業経済室
[電話]072-870-4013