ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健医療部 > 高齢介護室 高齢支援グループ > 大東市・四條畷市 医療・介護連携推進事業について

本文

大東市・四條畷市 医療・介護連携推進事業について

記事ID:0001458 更新日:2021年7月12日更新 印刷ページ表示

 大東市は、市民の皆さんが可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるように、四條畷市とともに、医師会や歯科医師会、薬剤師会、介護保険サービス提供事業所、地域包括支援センター等と協力しながら、医療と介護の連携推進事業を行っております。今回、大東市・四條畷市内の医療機関(医科、歯科)、薬局、介護サービス提供事業所、障害のある人の相談窓口の情報を、市民の皆さんや医療・介護従事者の方々に提供できるように、「大東市・四條畷市 医療と介護連携資源集」を作成いたしました。

資源集(PDF:14.1MB)

入退院調整ルール (令和3年度3月更新)

わが国では諸外国に比べ例を見ないスピードで少子高齢化が進み、2025年には、およそ4人に1人が75歳以上になると見込まれています。

医療や介護についても、今後さらに需要が増加すると見込まれ、国の施策としては高齢者が住み慣れた地域で尊厳を保持しつつ安心して自立した生活を続けられるように地域包括ケアシステムの構築に向けて取り組んでいるところです。

大東市・四條畷市では、市民の方が在宅においても病院においても、その意思が尊重され、病状に応じて適切な医療と介護が受けられるよう、医療・介護関係者が連携し医療・介護サービスの提供を行うことが重要であると考えています。

当地域におきましては医療と介護の連携推進を目的とし、2013年に医療介護連携シートを作成しましたが、介護保険改正や地域包括ケアシステムの強化などの背景を踏まえ、この度、病院関係者、ケアマネジャー、地域包括支援センター、相談支援事業所、行政等の多くの方々で協議を行い、新たに「入退院連携シート」と「入退院調整ルール」を作成しました。

市民の方が、地域で安心して生活ができるよう、関係者の皆さんで内容を共有していただき、この入退院調整ルールをぜひご活用ください。

入退院調整ルール [Wordファイル/2.18MB]

入退院連携シート(EXCEL:216.3KB)

入退院調整ルールリーフレット(WORD:430.7KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)