ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健医療部 > 高齢介護室 高齢支援グループ > 見守り協定

本文

見守り協定

記事ID:0031397 更新日:2021年11月9日更新 印刷ページ表示

見守り協定

 大東市では民間企業・事業者と協力し、業務内での気付きやさりげない見守り活動により、安否確認や見守りが必要な高齢者を早期に発見し、地域の支え合いに繋げる「地域の安心見守り活動に関する協定」が広まってきています。異変に気付いた際に速やかに対応できる体制を構築することで、官民および地域が一体となって住民の異変を早期に発見し、地域住民相互の支え合い活動に展開されることが協定の目的です。
 また、見守り協定の中には、見守りコーヒー事業があります。高齢の利用客で見守りを希望される方の名簿を作成し、登録した利用客が来店しなくなった場合、協力喫茶店が地域包括支援センターに連絡する仕組みです。
 令和3年10月末現在までに143カ所の様々な業種の事業所と見守り協定を結んでいます。
見守り協定事業所一覧

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)