ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 開発指導課 > 宅地造成等規制法に基づく宅地造成工事の許可等について

本文

宅地造成等規制法に基づく宅地造成工事の許可等について

記事ID:0003070 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

盛土規制法の運用における今後の許可権について

 令和5年5月26日に施行された盛土規制法において、大阪府が、令和6年4月1日に大東市内における宅地造成等規制区域市内全域に指定する予定です。

 令和6年4月1日からの宅地造成等規制区域の確認はこちら<外部リンク>

 これにより、大東市で行っていた宅地造成等規制法の手続きが、4月1日から大阪府審査指導課開発許可グループでの事務手続きとなります。また、現在までに許可等を取得された物件について、令和6年3月31日までに工事が完了しない場合は、改めて事務手続きが必要となる場合がございますので、大阪府等にご相談頂きます様よろしくお願い致します。

 大阪府における盛土規制法の手続きの確認はこちら<外部リンク>



 平成25年11月1日より、大東市内の市街化区域における宅地造成等規制法第8条の規定による宅地造成許可およびこれに関連する事務については、大東市で行うこととなります。

宅地造成工事許可制度の目的

 宅地造成に伴い、がけ崩れまたは土砂の流出を生ずるおそれがいちじるしい市街地等を「宅地造成工事規制区域」として指定し、その区域内で行われる宅地造成工事について許可制とし、安全を確保することを主な目的としています。

許可の必要な宅地造成

 宅地造成等規制法における「宅地造成」とは、宅地以外の土地を宅地にするため、または宅地において行う土地の形質の変更で、次のいずれかに該当するものをいいます。

  • 切土により高さ2mを超えるがけを生じるもの
  • 盛土により高さ1mを超えるがけを生じるもの
  • 切土と盛土によるがけが2mを超えるもの
  • 切土または盛土をする土地の面積が500平方メートルを超えるもの

宅地:農地、採草放牧地および森林ならびに公共の用に供する施設(道路、公園、河川、飛行場等ならびに地方公共団体が管理する学校、広場、墓地等)以外の土地をいう。

がけ:地表面が水平面に対し30度を超える角度をなす土地で硬岩盤以外のものをいう。

宅地造成工事規制区域の確認はこちら<外部リンク>

事前協議制度について

 本市の市街化区域において、許可の必要な宅地造成工事を行う場合は、今後の手続きを適正かつ円滑に行うため、「事前協議」が必要となります。

申請手数料について

 宅地造成等規制法に関する申請手数料につきましては、下記を参照してください。

申請手数料一覧表(PDF:97.1KB)

申請書類様式等

宅地造成許可に関する申請書類様式

施行細則、要綱等

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)