ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民課 > 海外への転出/海外からの転入について

本文

海外への転出/海外からの転入について

記事ID:0002380 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

Q 海外への転出/海外からの転入について

A 1年以上の海外赴任・留学などは転出届が必要です。必要なものについては転出届のページをご覧ください。ただし、ワーキングホリデーで海外へ出国される場合は、転出届をする必要はありません。

 海外からの転入は、通常の転入届に必要なもの(転出証明書を除く)に加え、次のものが必要です。
(1)大東市から海外へ転出し、5年以内に大東市へ再転入する場合はパスポート(出国日・帰国日のスタンプが押してあるもの)をもって転入届をしてください。
(2)他市町村から海外へ転出し、帰国後大東市へ転入する場合や、転出から5年以上たって大東市へ再転入する場合は、パスポート(帰国日のスタンプが押してあるもの)のほかに、戸籍全部(個人)事項証明書および戸籍の附票(いずれも本籍地でのみ請求出来ます)をもって転入届をしてください。

 なお、自動化ゲートを使用したことにより日付のスタンプが押されていない場合は、パスポートとあわせて航空券の半券等をお持ちください(半券が無い場合は、事前にお問い合わせください。)。また、一時帰国の場合は(1)(2)いずれの場合も転入届をする必要はありません。

参照ページ