ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民課 > 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)・戸籍附票等戸籍証明の請求

本文

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)・戸籍附票等戸籍証明の請求

記事ID:0002422 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)・戸籍附票等戸籍証明の請求について

 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)・戸籍附票等戸籍証明は、本籍地の市区町村で請求ができます。

 全部事項証明(謄本)、個人事項証明(抄本)は使用目的に合ったものを請求してください。

 基本的人権の侵害やプライバシーの侵害などの不当な目的に利用されると判断した時は、請求をお断りします。

手続きについて

請求できる人

  • 請求する戸籍に記載のある方とその配偶者
  • 請求する戸籍に記載のある方の直系血族(父母、子、祖父母、孫等)

 上記以外の任意代理人が請求される場合は、委任状(作成後3ヶ月以内のもの)が必要です。親族でも委任状が必要です。

 法定代理人(成年後見人、親権者等)が請求される場合は、後見の登記事項証明書や戸籍謄本等(作成後3ヶ月以内のものの原本)が必要です。

 第三者が請求される場合は、正当な利害関係がある場合にかぎります。また、正当な利害関係があることを証明する資料(契約書のコピー等)、請求書に法人の代表者印の押印が必要です。

必要なもの

  • 有効な本人確認書類の原本(顔写真入りのもの一点 例:有効期限内の運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードなど、または顔写真無しのもの二点 例:有効期限内の各種健康保険証、年金手帳など)
  • 交付手数料(下記参照)
  • 委任状(作成後3ヶ月以内のもの。任意代理人による請求の場合、下記様式を参照のこと)
  • 後見の登記事項証明書の原本(作成後3ヶ月以内のもの。成年後見人による請求の場合)
  • 親権のわかる戸籍謄本の原本(作成後3ヶ月以内のもの。親権者による請求の場合、本籍が大東市の場合は不要)
  • 契約書のコピー等正当な利害関係がわかる資料(第三者が請求する場合)
  • 証明書交付請求書への法人の代表者印の押印(第三者が請求する場合)

委任状様式 [PDFファイル/104KB]

交付手数料
証明書の種類 金額
戸籍謄(抄)本(戸籍全部(個人)事項証明書) 1通 450円
除籍・改正原戸籍謄(抄)本 1通 750円
戸籍の附票の写し 1通 300円
戸籍届書記載事項証明(出生・死亡等) 1通 350円
戸籍届受理証明(出生・婚姻・離婚等) 1通 350円
戸籍届受理証明上質紙版 1通 1,400円
身分証明書 1通 300円
独身証明書 1通 300円

 郵送による請求も可能です。

 詳しくは下記のページをご確認ください。

各種証明書の郵送請求

注意

 本市では、市民サービスの向上と戸籍事務の効率化を図るため、平成20年1月28日(月曜日)からコンピューターによる戸籍事務をスタートしました。

 詳しくは下記のページをご確認ください。

戸籍の電算化(コンピュータ化)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)