ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナワクチンの接種について

記事ID:0020212 更新日:2022年1月25日更新 印刷ページ表示

11月22日より、追加(3回目)接種券の発送を開始しました。
発送時期などについては、ここをクリックしてご覧ください。

 


【重要】

3回目接種は令和4年9月末までとされています。3回目の接種を希望する18歳以上の人は令和4年2月末までになるべく早く2回目を完了していただけるようお願いします。(令和4年1月25日現在)

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

新型コロナワクチンの追加接種(以下、3回目接種と記載)の実施について、大東市では現在、国の方針に基づき、計画・準備を進めております。
詳細については、厚生労働省のQ&A<外部リンク>をご確認ください。

下記の情報は、現段階での内容となります。今後変更となる可能性もあります。その際は、当ホームページにてお知らせいたします。

接種対象者

以下の(1)~(3)すべてに当てはまる方

(1)新型コロナワクチン(ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ)を2回接種した方

(2)2回目接種日から原則8か月以上経過した方

※以下に該当する方は、6か月以上の間隔で接種が可能です。

  • 医療従事者等並びに高齢者施設等の入所者及び従業員
  • 通所サービス事業所の利用者及び従業員
  • 病院及び有床診療所の入院患者

※以下に該当する方は、7か月以上の間隔で接種が可能です。(令和4年2月1日以降)

  • 65歳以上の高齢者(令和4年3月31日時点で65歳以上の方)

(3)18歳以上の方 

【接種間隔(追加接種対象者)の考え方】
第6波の流行拡大に伴い、2回目接種完了からの接種間隔について、国において前倒しの考え方が示されました。(下記の表のとおり)
本市におきましても、ワクチンの供給量や医療機関等における予約状況を検討し、可能な範囲で前倒しを進める予定です。
※下記の考え方は、今後変更となる可能性があります。ご了承ください。

国の示す追加接種の接種間隔(2回目接種完了日から)
対象者 令和4年1月 令和4年2月 令和4年3月
医療従事者/高齢者施設入所者等 6か月
65歳以上高齢者 8か月 7か月 6か月
上記以外の人 8か月 7か月

接種券の発送

2回目の接種日から原則8か月経過する前(上記例外を除く)に、3回目接種用の接種券を郵送します。

※発送スケジュールについては、国からのワクチン供給量及び医療機関の受け入れ数にあわせて接種券を郵送するため、発送時期を見直す場合があります。

【発送状況】
令和3年7月31日
までに2回目の接種をされた医療従事者の方へ接種券を送付しました。(1月17日)
令和3年6月30日までに2回目の接種をされた65歳以上高齢者の方へ接種券を送付しました。(1月25日)
令和3年6月6日までに2回目の接種をされた上記以外の方へ接種券を送付しました。(1月24日)

※発送時期を過ぎても接種券が届かない場合は、大東市新型コロナワクチン接種コールセンター(072-800-4645)までご連絡ください。

新型コロナウイルスワクチン接種(追加接種)における接種券の発送スケジュールについて
対象者 接種時期 2回目接種完了日 発送日(予定)
医療従事者/高齢者施設入所者等 2回目接種から6か月経過後 7月15日まで 発送済
7月16日~7月27日 発送済
7月28日~7月31日 発送済
8月1日~ 1月24日以降順次
65歳以上高齢者

2回目接種から7か月経過後

(令和4年2月1日以降)

6月1日~6月15日 発送済
6月16日~6月19日 発送済
6月20日~6月23日 発送済
6月24日~6月27日 発送済
6月28日~6月30日 発送済
7月1日~7月4日 1月26日(水曜日)
7月5日~7月8日 1月27日(木曜日)
7月9日~ 2月上旬以降順次
上記以外の人 2回目接種から8か月経過後 ~6月6日まで 発送済
6月7日~6月13日 1月31日(月曜日)
6月14日~ 2月上旬以降順次

【重要】 他市町村で2回目の接種後に大東市へ転入した人へ

大東市で接種実績を確認し、3回目用の接種券をお送りしますので、申請は不要です。
2回目接種から概ね8か月経過しても届かない場合は、下記までお問い合わせください。

大東市新型コロナワクチン接種コールセンター  072-800-4645(9時00分~17時30分)

3回目接種券の発行申請が必要な人へ

次の人は、大東市に接種記録がないため3回目の接種券が発行できません。3回目接種を希望する人は、接種券の発行申請をコールセンターまでお願いします。
申請を受付後、その人の接種時期に合わせて順次接種券を送付します。

  1. 海外で2回接種した人
  2. 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した人
  3. 在日米軍従業員接種で2回接種した人
  4. 製薬メーカーの治験において2回接種した人

大東市新型コロナワクチン接種コールセンター 072-800-4645(9時00分~17時30分)

接種会場・予約方法

〇個別の医療機関での接種

直接、医療機関にご予約ください。

使用するワクチンは、主に「ファイザー社製ワクチン」です。
※ワクチンの供給等により変更する場合があります。最新の情報は、このホームページで更新します。

予約方法:電話やインターネット等、下記一覧表の予約方法

追加接種実施医療機関

追加接種実施医療機関 [PDFファイル/368KB](令和4年1月25日時点)

※医療従事者等は、お勤めの医療機関で接種を受けられる場合があります。詳しくは勤務先にご確認ください。

〇集団接種の予約

インターネットまたは電話にてご予約ください

使用するワクチンは、「モデルナ社製ワクチンです。

1.インターネット予約

インターネットで24時間、いつでも簡単に予約できます。
予約はこちらから https://jump.mrso.jp/272183/<外部リンク>

※予約方法が分からない方はkちらをご参照ください Web予約の方法 [PDFファイル/221KB]

 

2.電話予約(午前9時~午後5時30分受付)

大東市新型コロナ予防接種コールセンターに電話:072-800-4645

※お手元に、クーポン券(接種券番号)をご用意ください(予約の際に接種券番号が必要になります)
※聴覚に障害があるなど、電話での予約が難しい場合は、ファクスをご利用ください(Fax:072-874-9529)
※おかけ間違いにご注意ください

追加(3回目)接種の集団接種予約開始日について
 
予約開始日時 集団接種日 接種会場 ワクチンの種類
令和4年1月20日(木曜日) 正午~ 令和4年2月4日(金曜日) 三箇自治会館 モデルナ製
令和4年2月6日(日曜日) 新田中央公園 モデルナ製
令和4年2月6日(日曜日) すこやかセンター モデルナ製
令和4年2月7日(月曜日) すこやかセンター モデルナ製
令和4年1月25日(火曜日) 正午~ 令和4年2月12日(土曜日) 北条人権文化センター モデルナ製

令和4年1月26日(水曜日) 正午~

令和4年2月13日(日曜日) 新田中央公園 モデルナ製
令和4年2月13日(日曜日) すこやかセンター モデルナ製

集団接種の予約は順次開始します。このホームページでお知らせします。

自衛隊大規模接種センターについて

詳細が決まり次第、お知らせします。

ワクチン3回目接種に向けた大阪府接種会場の設置について

大阪府が大規模な集団接種会場を設置し、1月下旬(予定)からワクチン3回目接種を開始する予定です。

接種開始:令和4年1月25日(火曜日)10時開始
開設時間:10時00分 ~ 20時30分(南館、北館とも同じ) ※最終受付は20時00分まで
お問い合わせ:コールセンター:06-6442-6070(開設時間9時30分 ~ 20時30分)
予約方法:インターネット 大阪府大規模集団接種のご案内<外部リンク>

<会場名>
大阪府庁 新別館南館接種センター
大阪府庁 新別館北館接種センター

接種予約:令和4年1月22日(土曜日)12時(正午)開始

使用ワクチン:モデルナ(スパイクバックス筋注)

対象者:以下のすべてに該当する方

  • 府内に住民票がある方
  • 接種日当日、18歳以上で市町村から送付された3回目用接種券をお持ちの方
  • 2回目接種完了から一定の期間(※)が経過している方

※「一定の期間」は、このホームページ上に示している国の示す期間です。
※接種券は、この期間に合わせて発送していますので、ご自宅に届くまでおまちください。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の発行について

今まで紙で海外渡航用のワクチン接種証明(ワクチンパスポート)を発行していましたが、12月20日からスマートフォン上の専用アプリから国内・海外渡航で利用できる二次元コード付きワクチン接種証明(電子版)が発行できるようになりました。

国内での接種証明につきましては接種済証等も引き続き利用できます。接種証明書等はスマートフォン等で撮影した写真を利用してください。

海外渡航のための接種証明書(ワクチンパスポート)はこちら

新型コロナワクチン接種証明書の暗証番号について

●新型コロナワクチン接種証明書の暗証番号は「券面事項入力補助用暗証番号」です。

「券面事項入力補助用暗証番号」は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。

●暗証番号は、コンビニで住民票の写し等を取得する際に使う「利用証明書証明用電子証明書」の暗証番号(4桁)と異なる設定をされている方もいます。

●入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、市民課での再設定が必要です。

国内では、次のいずれも(A~D)接種の証明として利用できます。

A:電子証明書

  専用アプリから申請いただけるようになり、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)が発行されます。
 ※スマートフォン上での申請はマイナンバーカードによる本人確認が必要となります。

デジタル庁新型コロナワクチン接種証明書アプリ<外部リンク>

アプリイメージ

「マイナンバーカード(個人番号カード)」交付窓口について

B:紙での証明書(接種済証、接種記録書)

2回目までの予防接種を終了した方にその場でお渡ししている証明書になります。
紛失等でお手元にない方は郵送による申請で「C:接種証明書(紙)」として発行できます。

接種済証                   接種記録書

C:接種証明書(紙)

郵送による申請により接種証明書(紙)を発行します。

<発行の手続き方法>

(1)申請書をダウンロードし、項目を記入する

接種証明書申請書 [PDFファイル/188KB]

申請書の書き方 [PDFファイル/107KB]

※申請書がダウンロードできない人は郵送しますのでコールセンター(072-800-4645)までご連絡ください。

(2)申請書と本人確認書類(運転免許証の写し、保険証の写し など)を下記まで郵送してください。
 ※窓口の混雑を回避するため郵送のみの受付となります。
 ※証明書に記載されたQRコードを読み取っていただくことによりスマートフォンでも利用できます。ただし、アプリ内に格納、保存することはできません。

【送付先】  〒574-0028 大東市幸町8番1号 すこやかセンター 地域保健課 コールセンター 宛て

D:BまたはCを携帯電話またはスマートフォンで撮影した写真

「B:紙での証明書(接種済証、接種記録書)」をスマートフォンや携帯電話で写真を撮っていただき利用してください。

スマホで撮影した証明書 

12月から、個別接種(1・2回目)の予診票が変更となります

12月1日(水曜日)以降に個別接種会場(個別の医療機関)で1・2回目の接種を受けられる場合、新しい様式の予診票にご記入いただく必要があります。

既に旧様式の予診票をお持ちの場合、個別接種の会場で新様式にご記入いただくか、以下のリンクから新様式を印刷してお使いください。

※大東市が設置する集団接種会場で接種を受けられる場合には、引き続き旧様式をお使いいただけます。

予診票新様式(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

コールセンターの開設日の変更について

ワクチン接種の3回目(追加)接種に伴い、令和4年1月からコールセンターは、平日および土・日曜日・祝日の午前9時~午後5時30分に変更します。

<集団接種のご予約などのお問い合わせ>
コールセンター:072-800-4645(毎日午前9時~午後5時30分)

※令和4年1月22日(土曜日)は、すこやかセンター(保健医療福祉センター)が電気設備修繕による停電のため休止します。

10代・20代の男性と保護者の方へ
~ファイザー社のワクチンの接種も選択できます~

10代・20代の男性については、ファイザー社製ワクチンに比べて、モデルナ社製ワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生頻度が高いことから、1回目の接種をモデルナ社製ワクチンで受けた場合であっても、2回目の接種をファイザー社製ワクチンで受ける「交互接種」が可能になりました。

ファイザーでの接種を希望される方は、厚生労働省のホームページをご覧いただいた上で、次のとおりご予約ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000844011.pdf<外部リンク> (厚生労働省)

【対象】
10代・20代の男性
※2021年11月16日時点では、生年月日が1991年11月18日以後の方が該当(接種日の2日前で、満29歳までの方)

【接種日】
集団接種実施日の中から、個別調整いたします。
※1回目の接種から27日以上の間隔を空けて接種することが必要です。
※お申し込みの時点では日程を選択することはできません。後日コールセンターから日程調整のお電話をいたします。

【実施場所】
すこやかセンター(保健医療福祉センター)

【予約方法】
次の予約サイトからお申し込みください。
https://logoform.jp/form/Vcaz/42365<外部リンク>

※お申し込みの時点では日程を選択することはできません。後日コールセンターから日程調整のお電話をいたします
※インターネットをご利用できない方は、コールセンター(Tel072-800-4645)にお電話ください

【その他】
・最終的な接種の可否は、予診の際に医師が判断するため、予診の結果、接種が受けられない場合があります
・まだ一度もワクチン接種をされておらず、ファイザー社製のワクチンの接種を希望される場合は、通常の予約方法でご予約ください
・本人が引き続きモデルナ社製のワクチン接種を希望される場合は、接種していただくことが可能です
・10代・20代の女性やその他の年代の方は、2回目も同一のワクチン接種が原則となります

満12歳~15歳の接種について

市の集団接種においては、保護者の同伴が必要です。

また、予診票の署名欄に、保護者氏名の署名が必要です(保護者の署名がなければ、接種は受けられません)。

※市内医療機関での個別接種については、医療機関が認めない限りは、保護者の同伴が必要です。

新型コロナウイルスに感染したことがある方の接種について

新型コロナウイルスに感染した方もワクチンを接種することができます。
このウイルスが、一度感染しても再度感染する可能性があること、また、自然に感染するよりもワクチン接種の方が新型コロナウイルスに対する血中の抗体の値が高くなることが報告されているため、ワクチン接種を推奨している国もあります。

ただし、接種時期については、症状発現もしくは無症状の検査陽性判明日から4週間以上経過した後がよく、抗体カクテル療法を受けた陽性者は、治療後90日経過後以降の接種が望ましいとされています。

<ワクチン接種を発病後少なくとも4週間以上空けていただく理由>
(1) 新型コロナ感染症を発症した人が、回復の早い時期に接種すると、副反応が強く出る可能性が高いと言われています。
(2) ワクチンによる副反応が、新型コロナの症状と見分けがつかないので、仮に再発であった場合、見逃す可能性があります。


厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0028.html<外部リンク>

妊婦の方のワクチン接種について

妊婦の方が新型コロナウイルスに感染すると、感染していない妊婦さんと比べて重症化する割合や早産等が多いとの報告もあり、ワクチン接種のメリットがあると考えられています。
Q&Aなどもご確認の上、接種を受けるかどうかご判断ください。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0027.html<外部リンク>


新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)(日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会)
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210814_Covid19_02.pdf<外部リンク>


厚生労働省「新型コロナウイルス感染症(Covid-19)対策~妊婦の方々へ~」リーフレット
新型コロナウイルス感染症対策リーフレット(妊婦の方々へ) [PDFファイル/918KB]

2回目のみのワクチン接種について

やむを得ず2回目のワクチン接種ができなかった方の予約を受け付けます。
希望される方は、次のとおりご予約ください。

市の集団接種会場でのワクチン接種

【対象者】
(1)1回目の接種が終了しており、やむを得ず医療機関や集団接種で2回目の接種ができなかった方
(2)原則、大東市に住民票を有する方

※(1)の例
・2回目の接種時に体調が悪く、接種できなかった方
・1回目は入院時に接種したが、3週間後には退院しており、医療機関で接種を断られた方
・1回目接種後に転居し、大東市に転入したが、元の所在地では接種ができない方 など

【接種日】
集団接種実施日の中から、個別調整いたします。
※1回目の接種から21日以上の間隔を空けて接種することが必要です。
※お申し込みの時点では日程を選択することはできません。後日コールセンターから日程調整のお電話をいたします。

【ワクチンの種類】
ファイザー社製

【予約方法】
次の予約サイトからお申し込みください。
https://logoform.jp/form/Vcaz/42365<外部リンク>

インターネットからの予約が難しい方は、大東市新型コロナ予防接種コールセンター(Tel072-800-4645)にお電話の上、必ず「2回目だけの予約がしたい」と申し出てください。
あわせて、1回目の接種日と接種会場もお知らせください。

ワクチン接種は、正しく理解した上で、判断しましょう

国内外の数万人のデータから、発症予防効果など、ワクチン接種のメリットが、副反応といったデメリットより大きいことを確認しています。
また、ワクチン接種が進んでいる高齢者については、現在、クラスターの発生や重症化が抑えられている傾向にあり、ワクチンの効果が一定現れていると考えられています。
一方で、若い世代においては、副反応のリスクや誤った情報(デマ)の拡散によって、接種をためらう人も多いようです。
ワクチン接種は、効果とリスクの両方について、正しい情報を正しく理解した上で、接種を判断しましょう。
また、基礎疾患治療中の方や妊婦の方、体調に不安がある方などは、事前にかかりつけ医等にご相談の上、ワクチン接種を受けるかどうかお決めください。


新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/<外部リンク>

ワクチンの効果

ファイザー社製のワクチンは、2回の接種によって、約95%の有効性で発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています。

ワクチンの副反応

接種部位の痛みや発熱、頭痛などが生じる可能性があります。
一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、どんなワクチンでも副反応が起こる可能性があります。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は極めてまれではあるものの、ゼロではありません。
ワクチン接種に際しては、接種後15~30分経過を見て、万が一、急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーが起きても、医療従事者が必要な対応を行います。

ワクチンの副反応による健康被害が出た場合

新型コロナワクチンの接種により、健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じた場合には、予防接種法に基づく救済(医療費や障害年金等の給付)が受けられます。
詳しくは、厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/<外部リンク>)をご覧ください。

ワクチン接種の流れ(1回目・2回目)

(1)接種する医療機関等を選ぶ

原則、住民票所在地の市町村での接種となります。
ただし、他市町村に住民票を有する方であって、やむを得ない事情により大東市での接種を希望される場合には、事前に本市に「住所地外接種届」を行い、「住所地外接種届出済証」の交付を受けていただく必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

接種会場

大東市内の各医療機関(病院・診療所など)で接種する「個別接種」と大東市内の公共施設などでの接種する「集団接種」があります。

現在実施の医療機関については、大東市新型コロナ予防接種コールセンター(072-800-4645)にお尋ねください。

集団接種会場
すこやかセンター(保健医療福祉センター)

≪集団接種のワクチン接種実施日・予約受付中≫

現在予約可能な1,2回目集団接種日程

現在予約可能な1,2回目集団接種 [PDFファイル/645KB]

(2)接種の予約をする

  • ワクチンを受けたい場所が決まりましたら、予約をしてください。
    ※「コロナワクチンナビ(https://v-sys.mhlw.go.jp/<外部リンク>)からも接種会場を探すことができます(予約はできません)
  • 必ず事前にご予約ください(当日会場での予約はできません)。
  • 集団接種の窓口での予約はお控えくださいますようお願いします。

個別接種:直接医療機関にご予約ください

現在実施の医療機関については、大東市新型コロナ予防接種コールセンター(072-800-4645)にお尋ねください。

集団接種:インターネットまたは電話にてご予約ください

1.インターネット予約
https://jump.mrso.jp/272183/<外部リンク>(24時間受付)
Web予約の方法 [PDFファイル/221KB]

 
2.電話予約(午前9時~午後5時30分受付)
大東市新型コロナ予防接種コールセンター(072-800-4645)に電話

※お手元に、クーポン券(接種券番号)をご用意ください(予約の際に接種券番号が必要になります)
※聴覚に障害があるなど、電話での予約が難しい場合は、ファクスをご利用ください(Fax:072-874-9529)
※おかけ間違いにご注意ください

(3)接種する

  • 予約当日、クーポン券等、必要書類を持って、接種会場にお越しいただき、ワクチン接種を受けてください。
  • 当日は、肩を出しやすい服をご着用ください。
  • クーポン券を紛失した場合は、事前にコールセンター等で再発行を受けてください。
  • 集団接種会場の駐車場は、駐車台数に限りがありますので、できる限り公共交通機関や徒歩でのご来場にご協力ください
  • 密を避けるため、また、ワクチンを無駄なく接種するため、予約制にしています。

指定した場所や日時での接種にご協力をお願いします。
(予約時間より大幅に早い来場等は、お控えください)

(4)2回目の接種の予約をする

  • 1回目と同じ種類のワクチンの接種が必要です。
  • 予約当日は、クーポン券等、必要書類を持って、接種会場にお越しください。

必要書類

  1. クーポン券(接種券)
  2. 予診票(事前に記入しておいてください)
  3. 本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど)
  4. あれば、お薬手帳(薬を服用中の場合)

警報などの発令時の集団接種の取り扱いについて

次の発表があった場合は、集団接種を中止しますので、ご注意ください。

 
特別警報または避難指示以上 終日中止
午前7時時点で暴風警報発令中 午前中止
午前10時時点で暴風警報発令中 午後中止
午後3時時点で暴風警報発令中 夜間中止

大規模接種会場(国・大阪府)のお知らせ

国・大阪府が設置する大規模接種会場での1回目の接種は、10月をもって終了しました。

在住外国人の方の新型コロナワクチン等相談窓口について

新型コロナワクチンに関する厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)<外部リンク>の多言語対応について

0120-761770
【フリーダイアル】(土・日・祝日を含む全日)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:午前9時~午後9時
タイ語:午前9時~午後6時
ベトナム語:午前10時~午後7時

大阪府外国人情報コーナー<外部リンク>

06-6941-2297
(月・金 午前9時~午後8時、火・水・木 午前9時~午後5時30分、第2,4日曜日 午後1時~午後5時)
英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、フィリピン語、ベトナム語、インドネシア語

医療機関における休日診療日のワクチン接種について

現在は実施しておりません。

ワクチン接種後も、感染対策を続けましょう

ワクチンが、他の人への感染をどの程度予防できるかは、まだ十分にわかっていません。そのため、ワクチンを接種した後も感染予防対策をお願いします。

(1)マスクの着用

・きちんと、鼻と口を多い、マスクの外側は、触らないようにしましょう
・できれば、ウレタンや布製マスクではなく、不織布のマスクを着用しましょう

(2)手洗い・消毒の徹底

・外出先からの帰宅時や食事前など、こまめに手洗い・消毒をしましょう
・洗っていない手で、目や鼻、口などを触らないようにしましょう

(3)換気の実施

・窓やドアを開け、定期的に室内換気をしましょう

(4)他の人との十分な距離の確保

・人との距離を十分(2m)保ちましょう

海外渡航のためのワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

 海外渡航予定がある方を対象に、申請を受け付けています。

*当面の間は現に海外渡航の予定がある方のみを対象としています。

対象者

(1) 新型コロナワクチンを接種済みの方

*接種当時に住民票が所在した市町村で発行します。1回目または2回目の接種時、他市に住民票があった方は、その住民票があった市に申請してください。

(2) 海外渡航の予定のある方

必要書類

(1) 窓口による申請

  1. 本人による申請
  •  申請書
  •  旅券(パスポート)または旅券の写し
  •  接種済証
  •  本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証などの写し)

     2.代理人による申請

  • 申請書
  • 本人の旅券(パスポート)または旅券の写し
  • 本人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証などの写し)
  • 接種済証
  • 委任状(様式任意)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証などの写し)
    *代理人による申請は後日郵送にて証明書を送付します。

【申請場所】 保健医療福祉センター 地域保健課

【受付時間】 午前9時~午後5時30分(土曜日・日曜日・祝日除く)

(2) 郵送による申請

  • 申請書
  • 旅券(パスポート)の写し
  • 接種済証の写し
  • 返信用封筒(切手貼付)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証などの写し)
    *後日、証明書を送付します。

*必ず返信用封筒に切手を貼付してください。

【住所】大東市幸町8番1号  大東市地域保健課

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(見本)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 交付申請書 [PDFファイル/43KB]

発行手数料

無料です。(証明書に係る郵送代は申請者がご負担ください。)

外務省 海外安全 ホームページ における接種証明書利用可能国の掲載 について

入国時等において接種 証明書 が利用可能な 国( 令和 3年 8月 11 日時点 )

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html<外部リンク> 

各種申請・届出

   現在、以下の申請・届出を受け付けています。

住所地外接種届

 新型コロナワクチンは、住民票所在地の市町村で接種を受けることを原則としていますが、他市町村に住民票を有する方であって、やむを得ない事情で大東市での接種を希望される場合は、事前に本市に「住所地外接種届」を行ったうえで、「住所地外接種届出済証」の交付を受けていただく必要があります。
 「住所地外接種届出済証」は、接種の当日に住民票所在地の自治体が発行した接種券および本人確認書類と併せてお持ちください。

(1)対象

  • 出産のため里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為など、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

※ただし、以下に該当される方は、接種を受ける際に医師に申告を行う事により本市への届出を省略することができます。

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患がある方が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている方、受刑者
  • 主治医のもとで接種を受ける妊婦     

(2)届出先
Tel:072-800-4645(大東市新型コロナ予防接種コールセンター)
Fax:072-874-9529
※後日、ご指定の住所地に「住所地外接種届出済証」を郵送させていただきます。

クーポン券(接種券)の再発行

(1)対象

  • 接種券を紛失、滅失、破損等した場合
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合(大東市に転入された方)
  • 接種券が届かない場合 
  • 住民票及び戸籍に記載がない場合
  • 予診のみ券を2回使った場合
  • その他接種券の発行が必要であると市町村長が認める場合

(2)申請先
Tel:072-800-4645(大東市新型コロナ予防接種コールセンター)
Fax:072-874-9529

新型コロナウイルスワクチンに関するお問い合わせ

厚生労働省「新型コロナワクチン」コールセンター

ワクチン効果や副反応など、ワクチンの基本的情報や接種についての疑問・相談など
0120-761770
【フリーダイヤル】(土・日・祝日を含む全日:午前9時~午後9時)

大阪府「新型コロナワクチン」コールセンター

ワクチン接種による副反応などの相談など
06-6635-2047
(土・日・祝日を含む全日:24時間)

聴覚障害がある方など、お電話での相談が難しい方は、ファクスにてご相談ください
ファクス:06-6641-0072

大東市「新型コロナ予防接種」コールセンター

クーポン券(接種券)や接種場所、予約方法などに関するお問い合わせ、各種申請・届出など
072-800-4645  ※おかけ間違いにご注意ください
(祝日を除く午前9時~午後5時30分)
[ファクス]072-874-9529
[メール]corona-vaccine@city.daito.lg.jp

新型コロナウイルスワクチンに関する情報

[新型コロナウイルスワクチンについて(厚生労働省ホームページ)]
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html<外部リンク>

[新型コロナウイルスワクチンについて(首相官邸ホームページ)]
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html<外部リンク>

[新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)]
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/<外部リンク>

ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

「優先的に新型コロナのワクチン接種が受けられる。予約金の振り込みが必要」などと嘘をついて、金銭を要求する電話が確認されています。
新型コロナウイルスワクチン接種に対して、行政機関が金銭を要求することはありませんのでご注意ください。

ワクチン詐欺に関する消費者トラブルのご相談

新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン 
0120-797-188
(全日:午前10時~午後4時) ※通話料無料

[新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン((独)国民生活センターホームページ)] 
http://www.kokusen.go.jp/info/data/coronavirus_vshotline.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)